ジョニー・キャッシュ
がん保険|内職|無料占い
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ジョン・R・"ジョニー"・キャッシュ(John R. "Johnny" Cash、1932年2月26日 - 2003年9月12日)は、アメリカ合衆国シンガーソングライター俳優作家[1]カントリーロック、ロカビリー歌手作曲家。20世紀の多くのミュージシャンに影響を与えたと広く考えられている[2]カントリーのアイコンとして知られているが、曲やサウンドのジャンルの幅はロックロカビリーブルースロックゴスペルと多岐に亘る。このクロスオーバーにより、カントリー・ミュージック殿堂ロックの殿堂、ゴスペル・ミュージックの殿堂と複数の殿堂入りを果たした。活動の初期にはサン・レコードに所属し、ロカビリーのレコードを発表した。エルヴィス・プレスリーとは、レーベル・メイトであった。
特徴のある深いバス=バリトンの[4][4]、バックバンドのザ・テネシー・スリーの独特のサウンド、憂鬱と謙虚な振る舞い[3]を併せ持つ反逆のイメージ[6][7]、刑務所の無料コンサート[8][9]ニックネーム「メン・イン・ブラック」の元となったトレードマークの黒服の着用で知られている[11]。コンサートでは常にシンプルに「Hello, I'm Johnny Cash. 」で始まり[13]、続いて名曲『Folsom Prison Blues 』を演奏していた。
キャッシュの音楽の多く、特に後年の作品は悲哀、道徳的試練、贖罪をテーマにしている[3][14]。『I Walk the Line 』、『Folsom Prison Blues 』、『Ring of Fire 』、『Get Rhythm 』、『Man in Black 』などの曲で知られている。他にも『One Piece at a Time 』、『A Boy Named Sue 』、後に妻となるジューン・カーター・キャッシュ(en:June Carter Cash)とのデュエット『Jackson 』、鉄道をテーマにした『Hey, Porter 』、『Rock Island Line 』などユーモラスな曲もある[15]。後年、キャッシュはナイン・インチ・ネイルズの『Hurt 』など、20世紀のロックをいくつかカヴァーした。
2003年に死去するまでに放ったヒット曲数は140曲以上で、そのヒット曲最多売上曲数は世界記録保持者エルヴィス・プレスリーの151曲に迫る数字である。年間4枚以上アルバムを発売した年も多い。レコードとCDの累計売上がこれまでに5,000万枚を記録しており、グラミー賞も11回受賞し、ほかにも数々の受賞歴を持っている。「ロックの反逆性と、カントリーの哀愁、フォークの語り口」といわれる独自の世界感を持つ歌が特徴で、クリス・クリストファーソンリック・ルービン、マール・ハガード、U2のボノ、ボブ・ディランウィリー・ネルソンウェイロン・ジェニングスアル・ゴア[16]らから共感や尊敬を得ている。
前妻・ヴィヴィアンとの娘ロザンヌ・キャッシュやジューン・カーターとの息子ジョン・カーター・キャッシュ、ジューンと前前夫の娘カーリーン・カーターなども歌手で、ジョニー・キャッシュ・ファミリー名義でクリスマス・アルバムが製作されたこともある。
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第21位[17]
「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第31位。
Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第14位[18]
霊視|看護助手|血液型占い
相性診断|心理テスト|性格診断
楽天ポイント最大10倍!
ポイント10倍の注目商品をチェック♪
http://m.rakuten.co.jp/
目次
1.プロフィール
├1.1.生い立ち
├1.2.結婚および家族
└1.3.祖先
2.経歴
├2.1.初期
├2.2.アウトローのイメージ
├2.3.フォーサム・プリズン・ブルース
├2.4.メン・イン・ブラック
├2.5.ハイウェイマン
└2.6.アメリカン・レコーディングス
3.後年
4.死去
5.派生作品
6.ディスコグラフィー
├6.1.アルバム
└6.2.シングル
7.主な出演作品
8.注釈
9.脚注
10.外部リンク

1. Johnny Cash & June Carter, Last.fm, (2010), http://www.last.fm/music/Johnny%2BCash%2B%2526%2BJune%2BCarter 2010年1月20日閲覧。 
2. Holden, Stephen (September 13, 2003), “Johnny Cash, Country Music Bedrock, Dies at 71”, The New York Times, http://www.nytimes.com/2003/09/13/arts/johnny-cash-country-music-bedrock-dies-at-71.html?pagewanted=all&src=pm February 25, 2013閲覧。 
3. Pareles 1994.
4. Although Cash's voice type endured over the years, his timbre changed noticeably: "Through a recording career that stretche[d] back to 1955", Pareles writes, Cash's "bass-baritone voice [went] from gravelly to grave".[3]
5. Urbanski 2003, p. xiv.
6. Dickie, M (2002) [1987], “Hard talk from the God-fearin’, pro-metal man in Black”, in Streissguth, M, Ring of fire: The Johnny Cash reader, Cambridge, MA: Da Capo, pp. 201?5, http://books.google.com/books?id=3pNFreWKHZgC&printsec=frontcover&source=gbs_navlinks_s#v=onepage&q=&f=false 
7. Streissguth, M (2006), Johnny Cash (biography), Philadelphia: Da Capo, p. 196, http://books.google.com/books?id=BBRDZoBeI88C&printsec=frontcover&source=gbs_navlinks_s#v=onepage&q=&f=false 
8. Fox, JA (October 17, 2005), “Hard time's never a 'circus'”, The Boston Herald (Baylor University), オリジナルの2006年9月20日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20060920020148/http://www.baylor.edu/pr/bitn/news.php?action=story&story=37416 2010年3月22日閲覧。 
9. Streissguth 2005.
11. For Cash, black stage attire was a "symbol of rebellion?against a stagnant status quo, against... hypocritical houses of God, against people whose minds are closed to others' ideas".[9]
13. Schultz refers to this phrase as Cash's "trademark greeting", and places his utterance of this line, on Cash's At Folsom Prison album, "among the most electrifying [seconds] in the history of concert recording."[10]
14. Mulligan, J (February 24, 2010), “Johnny Cash: American VI: Ain't No Grave” (album review), entertainment.ie, http://entertainment.ie/album-review/Johnny-Cash--American-VI-Ain%27t-No-Grave/6891.htm 2010年3月22日閲覧。 
15. For discussion of, and lyrics to, Cash's songs, see Cusic, D, ed. (2004), Johnny Cash: The songs, New York: Thunder's Mouth, http://books.google.com/books?id=YYejIsGmjEgC&printsec=frontcover&source=gbs_navlinks_s#v=onepage&q=&f=false 
16. http://www.rollingstone.com/music/artists/johnny-cash/biography
17. Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Johnny Cash”. 2013年5月26日閲覧。
18. “Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。

出典:Wikipedia
2017/11/18 17:01
転職|セルライト|縁結び
相性占い|霊感|婚活
ソ人気記事ランキング
2017/11/23 更新
 1位難波圭一
 2位山本博 (お笑い芸人)
 3位GODZILLA (アニメ映画)
 4位11月22日
 5位鶴ひろみ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant