サービス終了のお知らせ
ジョシュ・チャールズ
▼人気記事ランキング
概要
ジョシュア・アーロン・チャールズ(Joshua Aaron Charles, 1971年9月15日 - ) 、通称ジョシュ・チャールズ、はアメリカ合衆国の俳優

人物[編集]

広告事業者のアラン・チャールズを父として、ボルティモア・サンのゴシップ・コラムニストであるローラ(Laura。旧姓 Heckscher)を母として、アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモアにて誕生。父親はユダヤ系で、ジョシュア自身もユダヤ人だと自認している[1]。兄ジェフがいる(兄は後に一旦モデルとなる)

9歳の時からスタンダップコメディをはじめ、10代のころはニューヨークで行われたStagedoor Manorのサマーキャンプに参加しBaltimore School for the Artsに通った。

映画デビュー作は同じボルチモア出身のジョン・ウォーターズが手掛けた1988年の映画『ヘアスプレー』。翌年には『いまを生きる』でロビン・ウィリアムズイーサン・ホークと共演。現在まで『ドリーム・ガール ママにはないしょの夏休み』、『スリーサム』、『あなたに逢いたい』、『ゴンゾ宇宙に帰る』、『S.W.A.T.』、『フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い』といった映画作品に出演してきた。2009年の映画『アフターライフ』ではクリスティーナ・リッチリアム・ニーソンと共演した。

テレビでは、脚本家のアーロン・ソーキンエミー賞を受賞したABCのTVシリーズSports Night(1998-2000)でスポーツキャスターを演じ、映画俳優組合からノミネートを受けた。近年は In Treatmentの第1シーズンに出演し、『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』にもゲスト出演した。

舞台では1986年、ジョナサン・マーク・シャーマン英語版Confrontationに出演。2004年、ニール・ラビュートThe Distance From Hereのリバイバル版に出演した際はドラマ・ディスク賞のベスト・アンサンブル・キャスト賞を授与した。2006年1月、シカゴステッペンウルフ・シアター・カンパニーで行われたリチャード・グリーンバーグ英語版The Well-Appointed Room のワールドプレミアに出演し、それからサンフランシスコアメリカン・コンサーヴァトリー・シアターでおこなわれた キャリル・チャーチル英語版A Numberでは、クローンの兄弟を演じた。2007年、Manhattan Theatre Clubで行われたAdam BockThe Receptionistに出演した。

野球チームボルチモア・オリオールズと、アメフトチーム、ボルチモア・レイブンズのファンで、2004年5月、NFLネットワークのファンタジー・フットボールドラフトを受け取った[2]
フェデリコ・フェリーニ監督作品の大ファンである[3]
2013年9月にソフィー・フラック(SOPHIE FLACK。母親がユダヤ人の女性で、パフォーマンス・アーティストかつ文筆家で、ニューヨーク・シティ・バレエ団のダンサーだった人物[4][5])と結婚。2014年に長男が、2018年に長女が誕生。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビシリーズ[編集]

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/02/24 17:04
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant