ジョン・ボルトン (天文学者)
▼人気記事ランキング
概要
ジョン・ボルトン(John Gatenby Bolton、1922年6月5日 - 1993年7月6日)はイギリス・シェフィールド生まれで、オーストラリア、アメリカ合衆国などで活躍した電波天文学者である。1947年におうし座A(かに星雲)などが電波源であることを同定した。

ケンブリッジ大学で学んだ後、第二次世界大戦中はイギリス海軍に入り、戦後はオーストラリアに留まり、電波望遠鏡の改良をおこなった。海面からの反射を利用する干渉法により、電波望遠鏡の分解能を高め、電波源を同定した。オーウェンズバレー電波天文台、パークス天文台の所長を務めた。1973年王立協会フェロー選出。

[編集]

国立電波天文台 ジャンスキー賞 (1966年)
米国天文学会 ヘンリー・ノリス・ラッセル講師職(1968年)
王立天文学会ゴールドメダル (1977年)
ブルース・メダル(1988年)

外部リンク[編集]

ブルースメダルの受賞者紹介(英文)
出典:Wikipedia
2018/12/27 18:30
ソ人気記事ランキング
2019/12/07 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 b
 4位HR 8799 d
 5位ガイナックス
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant