サービス終了のお知らせ
ジョルジョ・キエッリーニ
▼人気記事ランキング
概要
ジョルジョ・キエッリーニ(Giorgio Chiellini, 1984年8月14日 - )は、イタリアピサ出身のサッカー選手セリエAユヴェントスFC所属。イタリア代表。ポジションはディフェンダー

クラブ経歴[編集]

12歳の時に、地元のクラブチームのASリヴォルノ・カルチョの下部組織に入団すると、サイドバックとして頭角を現す。チームのセリエA昇格に貢献した後、ユヴェントスFCに引き抜かれる[1]。しかし、ACFフィオレンティーナへレンタル移籍。左サイドバックのレギュラーとして起用され、37試合に出場する。

2005-06シーズンよりユヴェントスに復帰し、シーズン開幕直後に右サイドバックのレギュラーだったジョナサン・ゼビナが首脳陣と問題を起こしたため、ザンブロッタが右サイドに回る形で、キエッリーニが左サイドのレギュラーに定着する。ザンブロッタがFCバルセロナに移籍した2006-07シーズンには本来の左サイドバックだけでなく、怪我人が多発したセンターバックのポジションでも起用され、及第点のプレーを見せる。2007-08シーズン開幕前にはセンターバックとしての能力が開花したが、怪我で度々欠場をしたり[2]、コンテ監督時代にも度々サイドバックでプレーする事もあった。また2011-12シーズンは、リーグ戦無敗優勝に貢献した[3]

2012-13シーズンのキエーヴォ戦にてセリエA250試合出場を達成[4]。2013年年度のUEFAチーム・オブ・ザ・イヤーではイタリア人として唯一候補に選ばれたが[5]、選出はされなかった。

2014年1月5日のローマ戦にてセリエA300試合出場を達成[6]。2014-15シーズンにはコッパ・イタリア決勝ではSSラツィオを相手に先制点を記録し優勝に貢献[7]UEFAチャンピオンズリーグでもクラブの決勝進出に貢献したが、決勝は怪我の為欠場し、チームはバルセロナに敗れた[8]

2016年5月14日のサンプドリア戦でユヴェントスでの400試合出場を果たし、その試合ではゴールを決めた[9][10]。2016年10月サンプドリア戦では2ゴールを決め勝利に貢献[11]。2016-17シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝・バルセロナ戦では、バルセロナの攻撃陣を1stレグ、2ndレグともに無得点に抑えるだけではなく、1stレグではユヴェントスの3点目となるヘディングでのゴールを決め、チャンピオンズリーグベスト4入りに貢献した[12]

2018-19シーズンより、退団したジャンルイジ・ブッフォンの後を継いで、キャプテンに就任することが決定した。チャンピオンズリーグのベスト16、アトレティコ・マドリード戦で通算500試合出場が達成された[13]

2019-20シーズン、2019年8月30日のトレーニング中に大けがを負い、シーズン全休の見通しとなった[14]。しかし、24節ブレッシア戦で後半78分から出場し復帰を果たし、25節SPALでは先発出場した[15]

代表経歴[編集]

2004年11月17日にメッシーナで行われたフィンランド戦で代表デビュー。2007年11月21日のEURO2008予選フェロー諸島戦で代表初ゴールを記録。

EURO2008初戦のオランダ戦で0-3の惨敗したのを受けて、第2戦のルーマニア戦以降センターバックとして先発フル出場、3試合を1失点に抑え、負傷したファビオ・カンナヴァーロ(カンナヴァーロは大会前の練習中のキエッリーニとの接触プレーで負傷した)の穴を補う活躍を見せた。特に準々決勝のスペイン戦では、好調だったダビド・ビジャフェルナンド・トーレスの2トップを完全にシャットアウトし、チームはPK戦の末敗退したものの、彼自身は評価を高めた。

2010 FIFAワールドカップではグループリーグ最終戦のスロバキア戦では自身のマークミスでローベルト・ヴィッテクに2点目を許す失態を犯し、チームもグループリーグ敗退という結果に終わった。

EURO2012ではグループリーグ全3試合にスタメン出場したが、怪我の影響で準々決勝のイングランド戦を欠場。しかし準決勝のドイツ戦では復帰し、決勝進出に貢献したが、決勝でスペインに敗れた。

2014 FIFAワールドカップのグループリーグ第3戦・ウルグアイ戦においてウルグアイ代表のルイス・スアレスに噛み付かれたと審判に訴えたが、審判がスアレスに退場処分を下さなかったことを批判した[16]。処分決定後、自身の公式サイトで「ピッチ上で起きた事件に関して、満足感や、スアレスに対する復讐心や怒りは全くない。もう終わったことだ」とコメントした。

EURO2016、ラウンド16のスペイン戦では先制点を決め勝利に貢献した[17]

人物[編集]

イタリアの名門大学トリノ大学を2010年に卒業している[18]
ゴールパフォーマンスとして、ゴリラのドラミングの真似を披露することで知られ、自身をイメージしたゴリラのキャラクターが存在する。
子供の頃はバスケットボール選手になることが夢だったが、身長が低くて諦めた。憧れのバスケット選手にコービー・ブライアントの名前を挙げている[19]
2010~2017年において最も優れたセンターバックの一人とされている[20][21][22][23]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

セリエ C1 2001-02
セリエ A 2011-12, 2012-13, 2013-14, 2014-15, 2015-16, 2016-2017, 2017-2018, 2018-2019
セリエ B 2006-07
コッパ・イタリア 2014-15, 2015-16, 2016-17, 2017-18
スーペルコッパ・イタリアーナ 2012, 2013,2015,2018

代表[編集]

銅メダル オリンピック: 1回

個人[編集]

UEFA U-21欧州選手権 ドリームチーム UEFA: 1回
オスカル・デル・カルチョOscar del Calcio) : 3回
UEFAチャンピオンズリーグベストチーム:1回 (2014-15[24])
セリエAベストイレブン:3回 (2012-13, 2014-15, 2015-16)

勲章[編集]

イタリア共和国功労勲章

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/02/23 11:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant