サービス終了のお知らせ
ジョルジュ・プレートル
▼人気記事ランキング
1.人物・来歴
1.2.フランス語圏での活動
1946年、マルセイユ市立オペラにおいて、ラロの『イスの王様』で指揮者としてデビューする。1948年にリール・オペラと、翌1949年から1951年までカサブランカの歌劇場と指揮者として契約、1951年から1955年までトゥールーズ・キャピトル劇場と指揮者として契約した後、1956年にリヒャルト・シュトラウスカプリッチョ』のパリ初演に携わったのがパリのデビューとなる。1970年から1971年までパリ・オペラ座の音楽監督に就任、1989年にはパリで行われたG7(アルシュ・サミット)に併せ各国からの出席者を招き、こけら落とし前のオペラ・バスティーユで行われたバスティーユ襲撃200周年の記念コンサートを指揮している。

[4]前ページ
(1.1.学歴)
[6]次ページ
(1.3.英語圏での活動)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/27 15:01
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant