サービス終了のお知らせ
ジョルジュ・アンドラーデ
▼人気記事ランキング
1.経歴
1.1.クラブ
リスボンに生まれ、1997年に地元のCFエストレラ・アマドーラからプロデビューした。2シーズン連続でリーグ戦8位となり、2000年に北部のFCポルトに移籍すると、2001-02シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではチーム最多の12試合に出場し、グループリーグ2位で決勝トーナメントに進出した。

2002 FIFAワールドカップ本大会後、スペイン・リーガ・エスパニョーラデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍した。移籍金は1200万ユーロであり、最大で1300万ユーロまで上昇する可能性があったほか、移籍金のうちの300万ユーロ分はヌーノ・エスピーリト・サントがFCポルトに移籍することで肩代わりされた[1]。2002-03シーズンはセサル・マルティンヌールッディーン・ナイベトがレギュラーであり、リーグ戦では11試合の出場にとどまったが、2003-04シーズン以降はチームに不可欠な選手となった。2004年4月21日、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝の古巣FCポルト戦でデコを軽く蹴ったところ、代表のチームメイトに対しての親しみを込めた振る舞いであったにもかかわらず、主審には理解されずに退場処分を受け[2][3]、1試合の出場停止となった[4]

2007年夏、約1000万ユーロの移籍金でイタリア・セリエAユヴェントスFCと契約した[5]。しかし、9月23日のASローマ戦中に左膝蓋骨骨折という重傷を負い、2007-08シーズンの残りを欠場した[6]。2008年夏のプレシーズンには同じ箇所を負傷し[7]、過去1年間で3度目・過去4度目の手術が行われるとともに、2008-09シーズンを丸々棒に振った。アンドラーデ本人は負傷前と同レベルでの復帰を願ったが、ユヴェントスFCは彼のために支払った移籍金や彼の年俸にそれだけの価値がないとみなした。

2009年4月8日、ユヴェントスFCとアンドラーデは双方合意の元で契約解除に合意し、自由に所属クラブを探すことが可能になった[8][9]。2009年7月にはマラガCFのトライアルを受けたが合意に達しなかった[10]。2010年2月にはメジャーリーグサッカーに属するカナダのトロントFCのトライアルを受けたが、やはり契約には至らず[11][12]、現役引退を決意した。

[6]次ページ
(1.2.代表)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/03 16:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant