サービス終了のお知らせ
ジョゼフ・キッティンジャー
▼人気記事ランキング
2.プロジェクト・エクセルシオ
キッティンジャー大尉はオハイオ州デイトンライト・パターソン空軍基地の航空宇宙医療調査研究所に配属され、そこで高高度緊急脱出の研究を目的とする「プロジェクト・エクセルシオ」(これはスタップ大佐が命名した)の一環として、巨大なヘリウム気球に吊られた開放式ゴンドラからの超高空パラシュート降下を3回行った。
キッティンジャーの1回目の超高空ジャンプは1959年11月16日に高度およそ23,300 mから行われたが、器材の故障により意識を失い、危うく惨事となるところだった。彼の命を救ったのは装備していた自動開傘器であった(このときキッティンジャーは毎分およそ120回の水平回転に入り、彼の四肢には重力の22倍以上のGが加わった。そしてこれも一つの記録となった)。同年12月11日、彼は再び約22,760 mからジャンプを行った。これによりキッティンジャーは「レオ・スティーヴンス・パラシュート・メダル」を授与された。
1960年8月16日、彼は「エクセルシオIII」から、高度10万2,800フィート(31,330 m)の最後のジャンプを行った。このときは初期姿勢制御のために小型のドローグ・シュートを使用した。彼は4分36秒間落下し、高度18,000フィート(5,500 m)でパラシュートが開くまでに最大速度は毎時614マイル[1][2](988 km/h、毎秒274 m)に達した。このとき、上昇の途中で故障していた右の手袋の加圧のために、彼の右手は通常の2倍にまで腫れ上がった[3]。このジャンプにおいて、キッティンジャーは、気球による上昇高度、パラシュート降下高度、ドローグ落下時間(4分)、空中で乗り物に乗らずに人間が出した速度など、数々の最高記録を打ち立てた[4]。しかしこれらは国際航空連盟(FAI)には航空宇宙の世界記録として提出されず、アメリカ空軍内の記録にとどまっている。
これらのジャンプは、スカイダイビングでは一般的な、顔を下にした姿勢ではなく、背中を下にする「ロッキングチェア」姿勢で行われた。それは彼が60ポンドの装備を背中に装着しており、また、着用した与圧服が膨らんだときは自然に飛行機のコックピット内に座った姿勢になるからであった。この一連のジャンプによって、キッティンジャーは2回目の空軍殊勲十字章を授与され、また、アイゼンハワー大統領からハーモン・トロフィーを授けられた。
[4]前ページ
(1.生い立ちおよび初期の軍歴)
[6]次ページ
(3.プロジェクト・スターゲイザー)

1. [1] Fact Sheets : Col. Joseph Kittinger Jr. National Museum of the USAF
2. [2] Life magazine, August 29, 1960
3. 20-Year Journey for 15-Minute Fall - NYTimes.com
4. Joseph W. Kittinger - USAF Museum Gathering of Eagles

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/09/13 15:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/27 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位住吉会
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant