ジョージ・H・W・ブッシュ
▼人気記事ランキング
1.人物・来歴
1.5.CIAとの関わり
ジョージ・ブッシュはイェール大学卒業後、土木・建築事業のコングロマリットで、CIAと緊密に協力していたドレッサー・インダストリーズ社の子会社アイデコ(インターナショナル・デリック・アンド・エクイップメント・カンパニーの略)のセールスマンになり、アイデコ社のサービスを共産圏も含めた世界各国で営業して回るという仕事を与えられた。ブッシュは、アレン・ダレスのスパイだったジョージ・ド・モーレンシルツというロシア伯爵と頻繁に接触し、CIAが欲しがるような共産圏の石油関連情報を収集し、CIAに提供していたという。

彼にこの重要な仕事を与えたのはドレッサー・インダストリーズ社のヘンリー・ニール・マロン社長であった。マロン社長は父のプレスコットのイェール大学の同級生で、ブッシュ家と親しい間柄であった。またマロン社長は、アレン・ダレスとも親密な関係を持ち、将来有望なスパイ候補者を頻繁にダレスのもとに送ったり、CIAの工作のためにスパイに偽装の職場を提供したりと、CIAと緊密に協力していた。ジョージ・ブッシュは1953年にはザパタ石油会社を立ち上げ、CIAがメキシコでの工作活動に乗り出した1959年には、CIAの活動に積極的に協力した[3]

1963年FBIはブッシュをCIAの職員と証拠づけるもブッシュは否定しなかった[4]。ブッシュとCIAの関係はその後もCIA長官への就任や、CIA本部にその名前を冠するまで続く[5]

[4]前ページ
(1.4.帰還後)
[6]次ページ
(2.1.下院議員)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/14 23:30
ソ人気記事ランキング
2019/06/16 更新
 1位島田さくら
 2位日本
 3位斉藤とも子
 4位6月15日
 5位コボちゃん
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant