ジュゼッペ・ヴェルディ
▼人気記事ランキング
3.作品の変遷
3.3.『マクベス』に始まる人間表現
2期の始まりとなる『マクベス』は、怪奇性が全体を占め、主人公のマクベス夫妻の欲望と悲劇が筋となる台本であった。ヴェルディはこの特異性を最大限に生かした細かな心理描写を重視し[63]ベルカントを否定してレチタティーヴォを中心に据えるなど[18]合唱がこの雰囲気を壊さないことに心を砕いた。当時のオペラには演出家はおらず、ヴェルディは『マクベス』で150回を越えるリハーサルを行い、シェイクスピアを表現するという総合芸術を目指した[18]。『群盗』は主役のジェニー・リンドを立てることに重点が置かれ、気が進まないまま制作した[63]『海賊』は従来からの傾向が強かった。『レニャーノの戦い』は時局に追随する愛国路線の最後の作品として、それぞれ進歩性は鳴りを潜めた。しかし、『ルイザ・ミラー』や『スティッフェーリオ』からは人物の心理を書き表す方向性が再び示され始めた作品で、最初は観客から理解を得られなかった[1]

しかし『リゴレット』では醜いせむし男を含む主要な4人物それぞれの特徴を四重唱で[63]対比させ、劇進行を創り上げた。この傾向は動的な[63]『イル・トロヴァトーレ』主役の復讐に燃えるジプシー女、静的な[63]『椿姫』主役の高級娼婦の悲哀と死を表現する劇作において、より顕著なものとなった[64]。『リゴレット』『イル・トロヴァトーレ』『椿姫』は単純な善悪の対立ではなく、複雑な人間性を音楽と融合させて描き出した中期の三大傑作となった[63]

[4]前ページ
(3.2.デビューから『アッティラ』まで)
[6]次ページ
(3.4.多国籍オペラへ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/28 01:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/27 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位東出昌大
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant