ジュゼッペ・ヴェルディ
▼人気記事ランキング
3.作品の変遷
3.2.デビューから『アッティラ』まで
1期のヴェルディ作品には愛国精神を高揚させる題材が多く、『ナブッコ』で描いた権力者と虐げられた人民の対比を皮切りに[63]、特にそれを意図した[63]『十字軍のロンバルディア人』好評の主要因となった。当時はウィーン会議(1814-1815年)以降他国に支配された状況への不満が噴き出しリソルジメントが盛り上がりを見せていた。何度もの反乱の勃発と挫折を見てきたイタリア人たちは、1846年に即位したピウス9世が政治犯の特赦を行ったことで光明を見出していた。この時期のヴェルディ作品はそのような時流に乗り[8]、エネルギッシュであり新しい時代の到来を感じさせ[1]、聴衆の欲求を掻き立てた[63]。それは聴衆を魅了することに敏感なヴェルディの感覚から導かれたとも言う[6]。しかし、作品の完成度や登場人物の掘り下げ、劇の構成などには劣る部分も指摘される[8]

[4]前ページ
(3.1.ヴェルディの時代)
[6]次ページ
(3.3.『マクベス』に始まる人間表現)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/28 01:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/21 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位清美川梅之
 5位麒麟がくる
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant