ジュゼッペ・ヴェルディ
▼人気記事ランキング
3.作品の変遷
3.1.ヴェルディの時代
イタリア・オペラ史において、1842年の『ナブッコ』から1871年の『アイーダ』までの30年間は特に「ヴェルディの時代」と呼ばれ、歌手の技量に依存する度合いが高いベルカントが衰退してゆき、代わって劇を重視した作品構成が主流となった転換期に相当する[61]。これはヴェルディとワーグナーが導入した手法によるが、イタリアの変革は前者による影響が圧倒的である[62]

ヴェルディの生涯を通したオペラ作品は、3もしくは4区分で解釈されることが多い。『オベルト』から『スティッフェリーオ』までを第1期、『リゴレット』から『アイーダ』までを第2期、晩年の『オテロ』と『ファルスタッフ』を第3期と置く場合と、晩年は同じながら『マクベス』の存在を重視して『アッティラ』までを1期、『マクベス』から『椿姫』までを2期、『シチリアの晩鐘』から『アイーダ』までを3期、残りを4期とする考えもある。以下では4期区分を軸に解説する[62]

[4]前ページ
(2.作品)
[6]次ページ
(3.2.デビューから『アッティラ』まで)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/28 01:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/28 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位徳勝龍誠
 5位東出昌大
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant