ジュール・ビアンキ
四柱推命|婚活|手相
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
4.エピソード
2013年ドイツGPはエンジントラブルでリタイアし車から離れたがマーシャルも車から離れてしまい、車を止めた場所が上り坂だったため車が独りでに動き出し、ゆっくりとバックでコースを横切った。車のギアがニュートラルになっていた為に動き出してしまったが、ルール上車から離れる際にはギアを抜きニュートラルにすることが求められているため、ビアンキに非はない。幸い他車との事故にはならなかったが、この件が原因でセーフティーカーが入りレースに影響が出た。
永久欠番となったカーナンバー「17」は第一希望であった「7」、第二希望であった「27」、第三希望であった「77」がいずれもキミ・ライコネンニコ・ヒュルケンベルグバルテリ・ボッタスに選択されたことによる第四希望であった。
2014年のイギリスGP後に実施されたシルバーストンテストで、イギリスGPの事故で負傷したキミ・ライコネンの代役としてビアンキがフェラーリのテストを担当した。ビアンキの死後、元フェラーリのチーム代表であるステファノ・ドメニカリは、ビアンキの将来のフェラーリ加入は約束されていたと語っている[14]
ビアンキが在籍していたマルシャは、深刻な資金難によりビアンキの事故から2戦後のアメリカGPより、レースの欠場を余儀なくされた。しかしザウバー、ケータハムがこの年ポイントを獲得できずにシーズンを終えたため、マルシャはビアンキがモナコGPで獲得した2ポイントによってコンストラクターズ9位となった。この結果、マルシャに賞金が入り資金が調達できたため、2015年開幕戦にマノー・マルシャとしてF1に復帰。マノー・レーシングと名称が変わってはいるがチームは2016年までF1に参戦していた。マルシャと同じ時期に参戦困難となり、賞金も得られなかったケータハムF1チームは復活できず解散となっており、「ビアンキの9位」が命運を分けている。
2015年に向けては、フェラーリからパワーユニット供給を受けているザウバーと交渉し契約にサイン済であったとコリン・コレスオーストリアのTV局に話している[15]。詳しくは『ザウバードライバー多重契約騒動』の項参照。
性格診断|心理テスト|ふたご座
モテ期|がん保険|内職
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(3.1.死後)
[6]次ページ
(5.3.F1)

14. “ジュール・ビアンキ、将来はフェラーリ加入を約束されていた”. F1-Gate.com. (2015年7月20日). http://f1-gate.com/bianchi/f1_27878.html 2015年12月18日閲覧。 
15. コレス「ビアンキもザウバーと契約していた」 - ESPNF1 2015.04.15

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/06/15 01:02
愛内里菜|資格|さそり座
霊感|脱毛|ほくろ除去
ソ人気記事ランキング
2017/09/20 更新
 1位山本博 (お笑い芸人)
 2位熊谷連続殺人事件
 3位9月19日
 4位こちら葛飾区亀有公園前派出所
 5位光成英一朗
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant