サービス終了のお知らせ
ジャパンケーブルキャスト
▼人気記事ランキング
概要
ジャパン ケーブルキャスト株式会社は、ケーブルテレビ局向けのデジタルテレビ放送の配信事業者である。利用者からは、サービス名称の「JC-HITS」(ジェイシー・ヒッツ)が広く知られている。

概要[編集]

東経124度通信衛星JCSAT-4Aを利用した専用衛星回線を通じて、日本全国のケーブルテレビ局へデジタル専門チャンネルPPV形式を含む)配信の専用プラットフォームサービスの供給を開始。また、ケーブルテレビ局のコミュニティチャンネル向けのデータ放送アプリケーションサービス・「JC-data」(ジェイシー・データ)の提供も行っている。

設立時は、先述の衛星を保有するJSAT株式会社(現・スカパーJSAT株式会社)の100%子会社であったが、2006年3月31日付で投資会社の株式会社SOZO工房が中心となって設立した株式会社SOZO工房インタラクティブに全株が譲渡された(後にジャパンケーブルキャストホールディングス株式会社に商号を変更し、2007年1月には同社を吸収合併している)。

2009年4月1日より、So-netを運営するソネットエンタテインメントと提携して『Cable AD Connection』(ケーブル アド コネクション)という新たな事業を共同で展開している。これは、So-netとJC-HITSの導入局双方のコミュニティチャンネルの広告(CM)枠で一括した広告展開を行うというものである。また同時にケーブルテレビ向けの専用チャンネルとして、無料の総合編成チャンネル「チャンネル700」の配信を開始している。

2009年8月1日より、ハイビジョンチャンネルを含む光配信ネットワークサービスを東京都大阪府の一部のケーブルテレビ局において開始した。[1]

2010年1月6日、光配信を行う地域を、同年4月以降福井県島根県広島県福岡県に拡大。さらに2010年の年末までに全国配信網を整備し、衛星配信を2011年3月末で打ち切り、全国で光配信に切り替えると発表した。

2010年11月に全国基幹ネットワーク用の光回線の手配を完了し[2]、2011年4月に衛星配信を終了し、光回線による地上配信に移行した[3]

2017年10月10日に、株式会社ブロードバンドタワーが株式の50.4%を取得し、 ジャパンケーブルキャストはブロードバンドタワーの連結子会社となった[4]。2018年10月3日には、沖縄ケーブルネットワーク株式会社を完全子会社化した[5]

サービスを導入している局[編集]

都道府県ごとに、五十音順に列挙した。

★ - 「JC-data」の導入局。

配信しているチャンネル[編集]

□ - 自主放送用のチャンネル(局により、何れかのみを使用。)
900番台のチャンネルは成人向けである(20歳以上の加入者本人のみが申し込める)。また800番台は公営競技専門チャンネルで、その他は700番台にSDで、500番台にHDで集約している(10の桁でジャンルごとに区分している)。
700番台と500番台の下2桁は同じ番号であり、SDのチャンネル番号から200を引けばHDのチャンネル番号である(成人向け、一部のチャンネルを除く)。
太字のチャンネルは、ハイビジョンチャンネル

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/03/25 01:31
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant