ジャニーズ事務所
▼人気記事ランキング
1.略歴
1.3.お茶の間のタレントの誕生
一方で、1970年代半ばからテレビが普及するにつれて、「日常で各家庭のお茶の間に居ながらにしてわずかな非日常的空間を楽しむ」、というスタイルが誕生する。この潮流の主軸をなしたのが、『スター誕生!』に関わった阿久悠であった。ジャニーズでこの新たな潮流に最初に合致したのが、近藤真彦(1980年デビュー)である。近藤のやんちゃなキャラクターが1950年代のオールディーズストリートファッションなどの対抗文化の雰囲気を醸し出していると評され、ディスコ風の曲と並行してロック風の曲も発表された[8]

1980年代に入ると男女両方のアイドルの大衆化はさらに進み、歌やダンスなどの「実力」よりも個性などの「魅力」がより、女性アイドルに限らず男性アイドルにも求められるようになる。シブがき隊1982年デビュー)は歌やダンスの技量不足をカバーするために、音楽の企画性を追求した。いわゆるノベルティソング(珍奇な(novelty)歌、いわゆる「ネタ」が先行した音楽)を積極的に練ったのである。その傾向としては、「スシ食いねェ!」に代表されるような、ジャポニスムが色濃く見られた[9]。続く忍者(1985年デビュー)は楽曲やパフォーマンスでジャポニズムを前面に押し出した[10]

[4]前ページ
(1.2.アイドル的路線の確立)
[6]次ページ
(1.4.男性アイドルのマルチタレント化)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/04/18 05:30
ソ人気記事ランキング
2019/04/20 更新
 1位日本
 2位福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件
 3位島田さくら
 4位永山則夫連続射殺事件
 5位モンキー・パンチ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant