ジャニーズ事務所
▼人気記事ランキング
5.コンプライアンス
5.1.2019年7月、元所属タレントに圧力の疑いで公正取引委員会による注意
公正取引委員会は以下の疑いがあるとして、2019年7月17日までにジャニーズ事務所に対し「注意」を行った[70][71]

ジャニーズ事務所が、民放テレビ局などに対し、かつて同社配下に属しており2016年に解散したグループSMAPの元メンバーでジャニーズから独立した3名(稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾による新しい地図)を出演させないよう圧力をかけていた疑い。
なお公正取引委員会の「注意」とは独占禁止法上の違反行為の存在を疑うに足る証拠が得られないが、違反につながるおそれがある行為がみられたときに、未然防止を図る観点から行われるもの[73]

NHKは、民放テレビ局の関係者が公正取引委員会に対し「ジャニーズ事務所にタレントの出演を依頼した際、『SMAPの元メンバー3人(新しい地図)が関わっている場合には、所属タレントは出演させられない』と圧力をかけられた」と NEWS WEB に記載したが[74]、民放テレビ各局は、 ジャニーズ事務所から3人を出演させないよう圧力があったかとの質問に「そのような事実はありません」と否定している[75]。 NHKも7月24日の放送総局長定例会見で NHK編成局計画管理部の山内昌彦部長が、SMAPの元メンバー3人に関してジャニーズ事務所からNHKへの圧力は「まったくありません」と説明している[76][77]

ジャニーズ事務所の反応[編集]


ジャニーズ事務所は「テレビ局に圧力などをかけた事実はなく公正取引委員会から行政処分や警告を受けたわけでもない。とはいえ調査は受けたことは重く受け止め今後は誤解のないようにしたい。」とコメントを発表している[78]。公正取引委員会から行われた「注意」についての対応については触れていない[78]

[4]前ページ
(4.4.主要関連企業)
[6]次ページ
(6.ジャニーズショップ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/15 00:02
ソ人気記事ランキング
2019/11/15 更新
 1位日本
 2位伊藤綾子
 3位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 4位二宮和也
 5位11月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant