サービス終了のお知らせ
ジャック・デリダ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ジャック・デリダ(Jacques Derrida, 1930年7月15日 - 2004年10月9日)は、フランス哲学者である。フランス領アルジェリア出身のユダヤフランス人。一般にポスト構造主義の代表的哲学者と位置づけられている。エクリチュール(書かれたもの、書法、書く行為)の特質、差異に着目し、脱構築(ディコンストラクション)、散種差延等の概念などで知られる。エトムント・フッサール現象学に関する研究から出発し、フリードリヒ・ニーチェマルティン・ハイデッガーの哲学を批判的に継承し発展させた。哲学のみではなく、文学建築演劇など多方面に影響を与えた。またヨーロッパだけでなくアメリカ日本など広範囲に影響を与えた。国際哲学コレージュの初代議長でもある。代表的な著作に『グラマトロジーについて』、『声と現象』、『エクリチュールと差異』などがある。
目次
1.生涯
├1.1.1930年から1967年まで
├1.2.1968年以後、哲学教育運動
└1.3.1980年代以降
2.思想
├2.1.構造と生成(現象学と構造主義)
├2.2.差延
├2.3.脱構築(ディコンストラクション)
├2.4.グラマトロジー
└2.5.1970年代以降
3.論争・批判
4.影響
└4.1.日本における影響
5.著作
6.映画
7.デリダの評伝
8.脚注
9.関連項目
10.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/02/14 09:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant