サービス終了のお知らせ
シミュレーションロールプレイングゲーム
▼人気記事ランキング
概要
シミュレーションロールプレイングゲームもしくはシミュレーションRPGとは、ウォー・シミュレーションゲームの戦術性とコンピューターRPGの物語性・成長システムを併せ持つコンピュータゲームのジャンルの一つ。SRPGS-RPGと略される。

日本で受容された"ウォー・シミュレーションゲーム"(英語でいうStrategy game)とコンピューターRPGを指しての日本的な"RPG"観念を接合したものであり、和製英語である。

英語圏ではTactical role-playing game(タクティカルロールプレイングゲーム)、またはStrategy role-playing game(ストラテジーロールプレイングゲーム)などと呼ばれる。海外でSimulation RPGというと、正しくシミュレーションゲームとコンピューターRPGが融合したようなゲームを指すため齟齬が生じる。

概要[編集]

ウォー・シミュレーションゲームでは、プレイヤーが動かすユニットは単なる「駒」であり、舞台も特定の戦闘などを扱うに過ぎないのに対し、シミュレーションRPGでは、主人公の存在、物語の展開、駒の成長と継続的使用など、ロールプレイングゲームの要素が取り入れられている。戦闘は戦術級のウォーゲーム同様に、マップの上でユニットを動かし敵軍を撃破していくというものである。

ユニットの成長については、ウォー・シミュレーションが部隊の練度など単純な段階的成長に限られるのに対し、シミュレーションRPGでは、コンピュータRPGで良くみられる多様な能力や経験値によるレベル、クラス向上など、様々な成長システムがある。

初期のSRPGは、ウォーゲームのコンピューター化が盛んであったパソコンゲームにおいて生まれ、発展した。レベルアップによる成長や、大魔法という要素を持ち込んだマスターオブモンスターズがその代表である。同作の基盤となった大戦略はまったくのウォーゲームであったが、前身の『ファンタジーナイト』で舞台のファンタジー転換が行われ、1988年の初作でSRPGとなり、以後はシリーズを重ねるごとに成長したモンスターの継続使用、各モンスターの装備品、重厚な物語性などが次第に付加されていった。

主なシミュレーションロールプレイングゲーム[編集]

1980年代〜1990年代前半[編集]

半熟英雄(1988〜)
シュヴァルツシルトシリーズ(1988〜)
ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣ファイアーエムブレムシリーズ)(1990〜)
スーパーロボット大戦シリーズ(1991〜)
ラングリッサーシリーズ(1991〜)
シャイニング・フォース(1992〜)
伝説のオウガバトルオウガバトルシリーズ)(1993〜)
アルバートオデッセイ(1993〜)
機装ルーガ(1993)
魔神転生(1994〜)
フェーダ(1994〜)
タクティクスオウガ(1995〜)
三國志英傑伝英傑伝シリーズ)(1995〜)
フロントミッションシリーズ(1995〜)
バウンティソード(1995〜)
アークザラッド(1995〜)[1]

1990年代後半[編集]

バハムートラグーン(1996)
ドラゴンフォース(1996〜)
ヴァンダルハーツ〜失われた古代文明〜(1996〜)
ファイナルファンタジータクティクス(1997〜)
スペクトラルフォース(1997〜)
ゼルドナーシルト(1997)
ブラックマトリクス(1998〜)
SDガンダム GGENERATION(1998〜)
グローランサーシリーズ(1999〜)
サモンナイトシリーズ(2000〜)

2000年代前半[編集]

ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記(2001〜)
スーパー特撮大戦2001(2001)
うたわれるもの(2002〜)
モルダヴァイト(2002年)
ラ・ピュセル 光の聖女伝説(2002年)
魔界戦記ディスガイアシリーズ(2003〜)
ファントム・ブレイブ (2004年)
ステラデウス(2004)
NAMCO x CAPCOM(2005)
Rhapsodia(2005)
Tears to Tiara(2005〜)
Twelve〜戦国封神伝〜(2005)

2000年代後半[編集]

ユグドラ・ユニオン(2006〜)
ルミナスアークシリーズ(2007〜)
エルヴァンディアストーリー(2007)
ワイルドアームズ クロスファイア(2007)
戦場のヴァルキュリアシリーズ(2008〜)
ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者(2008)
女神異聞録デビルサバイバー(2009〜)
クイーンズブレイド スパイラルカオス(2009〜)

2010年代[編集]

ポケモン+ノブナガの野望(2012)
PROJECT X ZONE(2012〜)
ダンボール戦機WARS(2013)
NAtURAL DOCtRINE(2014)
スーパーヒーロージェネレーション(2014)
禁忌のマグナ(2014)
ロストディメンション(2014)
STELLA GLOW(2015)
GOD WARS 〜時をこえて〜(2017)
GOD WARS 日本神話大戦(2018)

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/03/22 15:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/31 更新
 1位ありがとう
 2位でじこさん
 3位りんご娘
 4位がむしゃら行進曲
 5位ときた洸一
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant