シビル・ウォー
▼人気記事ランキング
9.関連しているがリストに載っていないもの
The 2006 Eternals relaunch has the Civil War play a fairly present background in the setting with Sprite appearing in pre-registration PSAs. 3号ではアイアンマンはSersiに登録する気を起こさせた。6号ではアイアンマンとハンク・ピムはエターナルズにもう一度登録させようと試みたが、断られた。最終的に、Zurasはエターナルズは人類に干渉するつもりは全くなく、一連の出来事とは没交渉でいる事を説明し、アイアンマンは妥当な折衷案としてそれを認めた。
『デアデビル』87号はワンショット『シビル・ウォー: チュージングサイズ』に繋がっている。
『ニュー・X-メン』28号および『シーハルク』9号は間接的だが強く巻き込まれている。
『ブラックパンサー』19-20号(World Tour)では、ブラックパンサーがドクター・ドゥーム、そしてインヒューマンズとシビル・ウォーに関して議論した。(マーケティングの間違いのため公式のタイインとしてリストに加えられていない。)
格子柄の背景や、『Not part of a Marvel Comics event』という文言、がカードを掲げて『Mark Millar licks goats』と読んでいる様子を含んだNextwave: Agents of H.A.T.E.#11のカバーはCivil Warのパロディになっている。
『スパイダーマン&パワーパック』3号(2007年3月)にはMarc Sumerak作、Chris Glarrusso画の「Civil Wards」というタイトルのパロディがある。
ロバート・カークマンの『マーベル・チームアップ』の最終巻はアイアンマンとともにワシントンに旅立つピーター・パーカーで始まっている。
2006年のミニシリーズ『ユニオンジャック』3号でもまたトニー・スタークとピーター・パーカーのワシントンへの旅が言及されている。
『インクレディブル・ハルク』100号にはMr.ファンタスティックのクローン・ソーへの関与について、12ページのバックアップストーリーが含まれている。
『アニヒレーション』(Anihilation)4号で、地球出身のヒーローであるノヴァがシビル・ウォーの事を知り、ヒーローたちが(団結してアニヒラスの脅威に立ち向かわずに)取った行動に失望した。
[4]前ページ
(8.8.Civil War エピローグ)
[6]次ページ
(10.日本語版)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/07/09 08:00
ソ人気記事ランキング
2019/10/14 更新
 1位日本
 2位狩野川台風
 3位ジョンベネ殺害事件
 4位三浦和義
 5位10月13日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant