シスコシステムズ
▼人気記事ランキング
1.初期チーム
シスコは 1984 年 12 月、Leonard Bosack(スタンフォード大学コンピュータ サイエンス学科のコンピュータ管理担当)、およびその妻 Sandy Lerner(スタンフォード大学経営大学院のコンピュータ管理担当)によって設立された。

1984 年にシスコを設立した後も、Bosack は Kirk Lougheed と共にスタンフォード大学で仕事を続け、その間に最初の製品を開発した。これは、スタンフォード大学で使用されていた「Blue Box」ルータを完璧に模したもので、同じく大学で開発されたマルチプロトコル ルータ ソフトウェアを流用していた。このソフトウェアは元々、数年前にスタンフォード大学医学部にて、研究エンジニアだった William Yeager によって開発されたもので、Bosack と Lougheed によって作り変えられた。後に Cisco IOS のベースとなるものである。

Bosack、Lerner、Lougheed のほかに、プログラマである Greg Satz、セールス担当の Richard Troiano が加わり、初期のシスコ チームが誕生した。初代 CEO は Bill Graves であり、1987 〜 1988 年までその任に当たった。1988 年には、John Morgridge が CEO に任命された。1990 年 2 月 16 日、株式を公開(時価総額 2 億 2400 万ドル)、NASDAQ 株式市場に上場した。

専用ネットワーク ノードを開発、販売した最初の会社ではないが、マルチ ネットワーク プロトコルをサポートするルータを初めて製品として販売した会社の 1 つである。標準的な CPU ベースのアーキテクチャである初期シスコ デバイスと IOS オペレーティング システムの柔軟性を組み合わせ、ソフトウェア アップグレードの頻度を上げることで進化するテクノロジー ニーズに対応することが可能になった。当時の人気モデルの一部(Cisco 2500 など)は、実質的な変更なしにほぼ 10 年間製造され続けたが、これはハイテク産業では非常に稀なことである。エンタープライズ分野で存在感を示していたが、サービス プロバイダー(SP)分野の需要の高まりを機敏にとらえ、Cisco 7000 や Cisco 8500 などの大容量の新しい製品ラインで SP 市場に参入した。

[6]次ページ
(2.ルーティング)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/20 00:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/23 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位宍戸錠
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant