サービス終了のお知らせ
シエナ・ミラー
▼人気記事ランキング
概要
シエナ・ローズ・ミラーSienna Rose Miller, 1981年12月28日 - )は、アメリカ合衆国/イギリスモデル女優ファッションデザイナー

生い立ち[編集]

アメリカ合衆国ニューヨークで生まれ、幼い頃にイギリスロンドンに移住[1]バークシャーの寄宿学校を卒業後、2000年から1年間、ニューヨークのリー・ストラスバーグ・インスティチュートに在籍。

父親のエドウィン・ミラーはアメリカ人の銀行員、母親のジョゼフィーナ・“ジョー”・ミラーはイギリス系南アフリカ人でロンドンのリー・ストラスバーグ・アカデミー・インスティチュートを運営していた。6歳の時に両親が離婚。父親はイギリス人のインテリア・デザイナー(ケリー・ホッペン)と再婚するが再び離婚。兄弟はファッション・デザイナーの実姉(サバンナ)と異母弟が二人(チャールズ、スティーブン)、義母の連れ子である姉(ナターシャ・コレット)がいる。

キャリア[編集]

モデル[編集]

モデルとしてキャリアを始め、タンディ・アンダーソンと契約後にコカ・コーライタリア版『ヴォーグ』、プラダのモデルとなる。2003年には「Pirelli」のカレンダーのモデルに起用される[2]2006年にはペペ・ジーンズ(ロンドン)の専属モデルとして契約する。[3]

俳優[編集]

俳優として間もない頃にニューヨークで舞台『The Striker, Independence』やアンソニー・ミンゲラが監督した『Cigarettes & Chocolate』に出演。2001年に『South Kensington』で映画デビューを果たす。2003年にはアメリカのテレビシリーズ『Keen Eddie』のレギュラーとして出演。

2004年公開の映画『アルフィー』で共演したジュード・ロウとの交際で有名になる。翌年には『お気に召すまま』でヒロインのロザリンドを演じてウエスト・エンドの舞台に立った。同年公開の映画『カサノバ』では、ヒース・レジャーの相手役を演じた。2006年公開の『ファクトリー・ガール』では1960年代のポップ・アイコンイーディ・セジウィックを演じ、映画初主演を果たした。

2007年公開のスティーヴ・ブシェミ監督作品『Interview』でインディペンデント・スピリット賞主演女優賞や英国アカデミー賞ライジング・スター賞にノミネートされた。

2009年、『アフター・ミス・ジュリー(原題) / After Miss Julie』でブロードウェイの舞台デビューを果たす[4]

2009年公開の『G.I.ジョー』はシエナ自身、最も興行収入の高い作品となったが、ゴールデンラズベリー賞最低助演女優賞を受賞。同年9月から『After Miss Julie』でブロードウェイの舞台に立った。2010年公開の『ロビン・フッド』で恋人マリアンを演じる予定だったが、降板(ケイト・ブランシェットがマリアンを演じた)。

2015年2月17日開幕の『キャバレー』で主役のサリー・ボウルズ役を務める[4]

デザイナー[編集]

2007年7月に姉のサバンナと共に「Twenty8Twelve」というファッションブランドを立ち上げ、デザイナーデビューを果たした[5]

私生活[編集]

ジュード・ロウとは2004年12月に婚約したが、2005年7月、ロウと彼の子供の乳母との浮気が発覚、ロウが公式にミラーに謝罪するというスキャンダルが起き、直後に婚約を破棄。その後も交際は続いたが2006年11月に別れた[6]。2009年に復縁したが、2011年11月に破局[7]

2007年8月から俳優のリス・エヴァンスと交際し婚約するが2008年6月に破局。同年7月にはバルサザール・ゲティとの交際が話題となったが、11月には早くも破局した[8]

2011年より俳優のトム・スターリッジと交際し、2012年7月には娘が生まれている[9][10][11]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2020/03/20 21:02
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant