サービス終了のお知らせ
シンプルスタイル (ソフトバンク)
▼人気記事ランキング
概要
シンプルスタイルは、ソフトバンク株式会社がSoftBankブランドにて提供する、プリペイド式携帯電話サービスである。

前身のフィーチャーフォン向けサービスプリモバイルスマートフォン向けサービスであるプリスマおよびウォルト・ディズニー・ジャパンが提供していた携帯電話・ディズニー・モバイルによるプリペイドサービスであるDisney Mobile プリペイドサービスについても、便宜上本項に記述する。

概要[編集]

メールの定額制やTVコールなどのサービスが利用できるプリペイドサービスである。

2008年(平成20年)2月4日から第3世代携帯電話のプリペイドサービス「プリモバイル」として開始。1.5GHz帯周波数の再編により廃止される第2世代携帯電話のプリペイドサービス、SPSおよびPj(SoftBank 6-2を利用したPDC方式のプリペイド式携帯電話)に替わるものである。

ソフトバンクプリペイドサービス・Pj(2G)からプリモバイル(3G)への契約変更(同番移行)は、2009年(平成21年)2月2日よりキャリアショップソフトバンクショップ)での手続きにより可能[1]2009年7月29日より残高の継承が可能。

ソフトバンクショップやソフトバンクステージが併設された家電量販店で購入した場合、電話番号を希望する下4桁の選択が無料で可能。いわゆる「良番」を含む一部番号は窓口端末ではじかれるため、再選択を要請される。

リチャージカード(コンビニマルチメディア端末の操作により発行されるチケット形式や、コンビニのレジから発行されるレシートに印字される形式)は、他社と異なりプリペイド契約以外の契約では充当不可。金種は3,000円券と5,000円券で、有効期間はチャージ日から60日間。カードまたはシート自体に有効期限が設定、期限経過後チャージは不可。

チャージは他に、My SoftBank登録済みのセキュア対応のクレジットカードによるオンラインチャージも可。なお、以前はPay-easyでのチャージも可能であったが、2012年11月29日をもって終了している[2]。通常契約の場合、同一名義で5回線まで契約できるが、プリモバイルでは同一名義の契約は2回線までと定められている。

また、2012年4月4日以降新たにプリモバイルを契約して契約日から1年未満で解約(MNP転出含む)をすると契約解除料が必要となる[3]

2013年9月6日より新たにスマートフォン向けのプリペイドサービス「プリスマ」の提供を開始した[4]。また、Disney Mobile on SoftBank向けにも同じ料金決済方法を利用したプリペイドサービス「Disney Mobile on SoftBank プリペイドサービス」の提供も開始した。

2014年11月28日、サービスブランドを「シンプルスタイル」に改称[5]。これにあわせて、新規契約を対象に、パケット定額サービスの30日プラン(7,000円)を、4,980円に割引するキャンペーンを実施。さらに、他社からの乗り換え(MNP)[6]で30日プランが12回目まで3,980円となる「MNP割」[7]、30日プランを12回購入すると13回目以降の料金が3,980円となる「長期割」[8]を開始。

2015年4月以降、「SoftBank 4G」「SoftBank 4G LTE」に対応(4G対応機種のみ)。

3G端末のサービスは2019年11月12日限りで新規受付を終了した。

なお、ディズニーモバイル・オン・ソフトバンクは2017年11月30日をもってサービス終了したが、プリペイド契約については通常契約と異なり、ソフトバンクへの承継は行われず、同日をもって強制解約となり、残額は無効となった

利用できるサービス[編集]

シンプルスタイル・3Gケータイ(旧プリモバイル)で利用出来るサービス[編集]

音声通話
ソフトバンク国際電話
メールSMS、S!メール(MMS))※要申し込み
ただし、他社とのSMSのやり取りについては、受信のみ対応。
TVコール
データ通信
アクセスインターネット - プロバイダ契約をせずにインターネットに接続できるサービス。ただし、64kbpsデジタル通信のみが対象で、パケット通信は不可。なお、利用はデジタル通信対応端末に限る。 (2012年12月30日サービス終了)
おサイフケータイ- あらかじめポストペイド契約のUSIMカードを挿入し、アプリをダウンロードした上で初期設定が必要があるが、初期設定後はリーダライタを利用してのチャージ、利用ともに可能。なお、プリペイド契約のUSIMカードを挿入している場合、アプリの起動やオンラインチャージは不可。
ワンセグ(テレビ)- セット機種で対応していない場合であっても、USIMカードをワンセグ対応の携帯電話に差し替える事で視聴する事が出来る。
MNPでの他社契約への同番移行。ただし、一度通話料をチャージした事のある回線に限る。また、MNP予約番号の発行手続きはショップでのみ可能で、その際に移行手数料が課される。(移行しなかった場合は領収書の提示で返金。)一般契約では、解約月の通話料と一緒に請求。なお公式には注意を促していないものの、2014年3月15日現在ショップでの予約番号発行は(営業時間が20時以降までであっても)20時までしか受け付けられないので早めに来店するなどの注意が必要。番号の発行自体はトラブルがなければ10分程度でできる。
Wi-Fiを利用したインターネット - Xシリーズ等Wi-Fi機能が実装されている端末のみ、ソフトバンクWi-Fiスポットは利用できない。

シンプルスタイル・スマートフォン(旧プリスマ)で利用出来るサービス[編集]

パケット通信 - 別途2日・7日・30日の申し込みにより利用出来る。S!メールサービスの利用(SMSの送信とMMSの送受信)もこのパケットサービスに含まれる。
インターネット接続 - パケット契約がなくともWi-Fiを利用したインターネット接続に対応。パケットサービス利用中はソフトバンクWi-Fiスポットの利用もできる。[9]

利用できないサービス[編集]

Yahoo!ケータイ(携帯電話端末のY!ボタンを押すとメールの設定ページに接続される)
国内他オペレータ宛SMS送信
S!アプリ
国際SMS
国際S!メール(MMS)
世界対応ケータイ
その他のオプションサービス(留守番電話サービス、転送電話サービスなど)
これらのサービスを利用するにはSoftBank 3Gへの加入が必要だが、シンプルスタイル契約は通常(ポストペイド)契約に同番移行することができない[10]。なお、2010年3月まで提供されていたソフトバンクプリペイドサービスであれば3G通常契約への同番移行は可能であった。

なお、通常契約であっても、ネットワーク上での番号非通知拒否が出来ないため、端末操作での非通知拒否を設定出来ないノキア製の端末やVodafone 802SEなどの機種では非通知拒否が全く出来なくなる点に要注意。

買増(いわゆる機種変更)

契約と利用期間[編集]

ソフトバンクショップおよび一部ソフトバンクステージなどのソフトバンク携帯電話取扱店での申し込みと本人確認を行い、ソフトバンクプリペイドカードを購入しプリペイドカードの登録をすることで利用可能となる。音声回線の枠のうち、プリペイド回線は最大2回線まで契約可能。

なお、契約手続き日から360日間は、初回チャージしなくとも157と1400への発信のみは可能で、その他の発信および着信の一切は不可だが、電話番号は維持できるため、すぐに利用しない場合でもとりあえずの契約のみは可能になっている。ただし、この状態を維持した場合はMNPの手続きは出来ない。

ちなみに、購入時のプリペイドUSIMカードの状態は、ショップ店で購入した場合はあらかじめ番号が記録されていない白USIM、コンビニで購入した場合は半黒USIMの状態となっている。

以前はコンビニエンスストアでプリモバイル電話機セットを購入し自身で本人確認書類をFAXで送付する事で、新規契約が可能であったが、コンビニエンスストアで購入されたプリモバイル電話機が振り込め詐欺に悪用されたことが判明したため、2011年(平成23年)2月末までにコンビニエンスストアでの新規契約受付を中止し、以後はソフトバンク携帯電話取扱店でのみの受付となっている。[11]

シンプルスタイルへの改名後は、4,000円がチャージされている状態で販売されるが、契約事務手数料として3,240円とユニバーサルサービス料9円(いずれも消費税込み。2017年11月現在)がそこから引き落とされるため、実質的な無料通話分は751円となる。

チャージ[編集]

ソフトバンクプリペイドカードには3,000円と5,000円の2種類がありどちらも利用有効期間は60日間である。プリペイドカードの追加登録(リチャージ)を行うと利用有効期間と登録残高の引継ぎができる。例えば、残り10日間の利用有効期限で500円の残高がある場合に3,000円のプリペイドカードを登録すると利用有効期間が70日間(10+60日間)、残高が3,500円(500+3,000円)となる。また、プリペイドカードを複数枚登録すれば1枚につき60日間加算され、最大360日間まで利用有効期間を延ばす事できる。コンビニエンスストアで発行されるシートに書かれた番号を利用したチャージも可能。

初回以外のチャージについては、上記に加え、Verified by VISA等のセキュア機能が有効になっているクレジットカードを使用してのオンラインリチャージが可能。(ペイジーの利用によるリチャージは2012年11月29日をもって終了。)

利用有効期間が終了すると登録残高が残っていても無効となり360日間の電話番号有効期間になる。この間にプリペイドカードを登録すれば再び利用する事ができるが、電話番号有効期間が終了すると自動的に解約となり利用できなくなる。

プリペイドUSIMカードのみの契約[編集]

なお、既に過去に利用していたSoftBank 3G端末やSoftBankスマートフォン端末を利用するなどの理由により、シンプルスタイル契約のUSIMカードのみの契約も可能ではある[12][13]。USIMカードの発行手数料が必要。2019年11月12日まではボーダフォン時代のものを含め端末は問わなかった。S!メールの利用が不要な場合は、UMTS1.5GHz帯2010年(平成22年)4月2017年(平成29年)3月まで)ないしは同2100MHz帯に対応したWS027SH[14]SIMロックなしのメーカブランドの端末[15]でも可能。

プリスマにおいては、2014年3月4日よりSIMフリー端末やSIMロックを解除した端末でのUSIMカードのみの契約も可能になる[16][17]

ただし、2009年2月25日から同年5月18日の間は取扱を一時中断していたため、端末付きでなければ契約出来なかった。また、取扱がソフトバンクショップの一部に限定されるため、各ショップへの取扱の可否の事前確認が必要。総合案内で可能と紹介するショップであっても出来ないケースがある。または、プリペイドUSIMカードの常備がないショップでは取り寄せで対処というケースもあり、すぐに契約出来ないケースもある。

なお、原則は、利用する端末の持込が必要となっている。一部旧ボーダフォンブランドを含むソフトバンクブランドのものが可能であったが、前述の通り2019年11月12日をもって3Gケータイ・3Gスマートフォンでの新規受付を終了したため、これらの端末での持ち込み契約もできなくなった。

備考[編集]

なお、量販店に併設されたソフトバンクショップ(例・ソフトバンクLABI SENDAI)ではリチャージカードを含めて、プリモバイルの取扱自体していないケースもある。ただし、名義変更やMNP転出手続き(その場での転出手数料支払を要する)については、可能。

利用料金[編集]

国内通話料[編集]

8.58円/6秒

TVコール[編集]

15.24円/6秒

メール[編集]

286円/最大30日

メールの利用(SMSの送信、MMSの送受信)にはメールし放題の加入が必要である。また、メールし放題の申し込み及び自動継続には300円以上の残高があることが必要となり、登録残高の有効期間が終了するとメールし放題の利用も終了となる。また、プリモバイルが販売される以前はプリペイド式携帯電話はほとんど待ちうけで使う人にしか向かなかったが、登場当初は携帯電話を持つ目的がメールである人にはかなり得な携帯電話だった。ただし、2009年(平成21年)12月までに順次開始されたNTTドコモの「タイプシンプル バリュー」やau電話の「プランEシンプル」の登場により、トータルコストの面では必ずしも優位ではなくなっている。ただし、いずれも原則2年契約を要するため、解約した場合は1万円前後かかる上、割賦分が残っている場合はその支払も要する。

ただし、Xシリーズでプリモバイルを利用する場合、SMSは使用可能だが、MMSeメール)の使用は不可であることが、SoftBank X04HTのプリモバイルセット発売と同時に明らかになっている。

プリスマではメール定額が申し込み不可能になったが代わりにパケット定額サービスが設定された(後述)。

デジタルデータ通信[編集]

15.24円/6秒

なお、シンプルスタイル・3Gケータイでのパケット方式の通信は不可。

シンプルスタイル(旧プリスマ)専用パケット定額サービス[編集]

900円/最大2日
2700円/最大7日
7000円/最大30日(4980円/最大30日←2014年11月28日以降に新規契約・契約変更)
シンプルスタイルでS!メールなどのソフトバンクモバイルのメールサービス利用(SMSの送信、MMSの送受信)にはパケットサービスの加入が必要である。登録残高の有効期限が終了するとパケット定額の利用も終了となる。シンプルスタイル専用パケット定額サービスは3Gケータイのメールし放題とは異なり自動更新がない(2014年11月28日以降に新規契約・契約変更した場合、30日プランは自動更新される)。有効期限を満了すると、翌日期限満了を知らせるSMSが送信される。パケット定額申し込みがない場合のメールの送受信に対しての注意事項はシンプルスタイル契約時に渡される「シンプルスタイルご利用ガイド」などに記されている。パケット定額の申し込みがなくともWi-Fiを使ってGメールなどのメールサービスを利用することは可能である。

申し込み時間を問わず、申し込み日を1日目と数える。2日プランを申し込みした場合、サービスの有効期限は翌日の深夜0時になる。契約期間を満了すると次のパケット定額サービスの申し込みが可能になる。パケット定額を申し込み後は有効期限の間別のパケットプランに変更が出来ないので、たとえば2日プランを申し込みした後に7日プランに変更は出来ない。別のプランを申し込みしたい場合は、申し込みしたプランの有効期限が満了するまで待つことになる。

パケット定額サービス申し込み中はソフトバンクWi-Fiスポットの利用ができる。

前々月のデータ通信容量が1000万パケット(約1.2GB)以上利用した場合、プランに関係なく通信制御を実施される場合がある。

シンプルスタイル・4Gケータイ専用パケット定額サービス[編集]

300円/最大30日

ユニバーサルサービス料[編集]

2017年(平成29年)7月4日現在、1回のチャージごとに9円が必要。

携帯電話端末[編集]

プリモバイル(シンプルスタイル・3Gケータイ(2014年11月28日以降))用として、これまで以下の機種が供給された。

SoftBank 705Px2008年(平成20年)2月4日取扱開始
SoftBank 707SCII …2008年(平成20年)3月28日取扱開始
SoftBank 822P …2008年(平成20年)8月23日取扱開始
SoftBank 730SC …初のプリモバイル専用モデルとして2008年(平成20年)11月24日発売
SoftBank 821SC2009年(平成21年)6月20日取扱開始(プリモバイルセットとしてはホワイトとブラックのみの展開)
SoftBank 740SC …2009年(平成21年)11月6日取扱開始(プリモバイルセットとしてはホワイトとブラックのみの展開)
SoftBank 731SC2011年(平成23年)1月27日取扱開始(プリモバイルセットとしてはホワイトとブラックのみの展開)
SoftBank 840SC …2011年(平成23年)6月24日取扱開始
SoftBank X04HT …2011年(平成23年)11月4日取扱開始 -プリモバイル初のWindows Mobile搭載端末
SoftBank X02T2012年(平成24年)2月17日取扱開始
SoftBank 002P …2012年(平成24年)7月13日取扱開始
SoftBank 003Z …2012年(平成24年)オンラインショップのみ数量限定取り扱い[18] - プリモバイル初のAndroid搭載端末
SoftBank 009Z…2012年(平成24年)オンラインショップのみ数量限定取り扱い
SoftBank 008Z(シンプルスマートフォン)…2012年(平成24年)9月4日オンラインショップ限定取り扱い開始[19]
SoftBank 001SC …2013年(平成25年)7月26日取扱開始。
SoftBank 105SH …2013年(平成25年)11月22日取扱開始(プリモバイルセットとしてはホワイトとブラックのみの展開)
SoftBank 301Z …2014年(平成26年)6月6日取扱開始。プリモバイル専用モデル
SoftBank 202SH …2015年(平成27年)3月20日取扱開始(シンプルスタイル・3Gケータイセットとしてはホワイトとブラックのみの展開)
プリスマ(シンプルスタイル・スマートフォン(2014年11月28日以降))用として、以下の機種が供給された。

LUMIX Phone SoftBank 101P2013年(平成25年)9月6日取扱開始
PANTONE SoftBank 107SH …2013年(平成25年)9月6日取扱開始
STREAM SoftBank 201HW 3G …2013年(平成25年)11月22日発売開始。プリスマ専用モデル
SoftBank 102P2014年(平成26年)6月6日取扱開始
MEDIAS CH SoftBank 101N …2014年(平成26年)6月6日取扱開始
AQUOS PHONE THE HYBRID SoftBank 101SH …2014年(平成26年)6月6日取扱開始
AQUOS PHONE THE HYBRID SoftBank 007SH …2014年(平成26年)6月6日取扱開始
DELL Streak SoftBank 001DL …2014年(平成26年)6月6日取扱開始
AQUOS PHONE SoftBank 102SHII …2014年(平成26年)6月6日取扱開始
DELL Streak Pro SoftBank 101DL …2014年(平成26年)6月6日取扱開始
AQUOS PHONE THE PREMIUM SoftBank 009SH …2014年(平成26年)6月6日取扱開始
HONEY BEE 101K …2014年(平成26年)7月11日取扱開始
BLADE Q+ …2015年(平成27年)4月24日取扱開始。シンプルスタイル専用モデル
iPhone 5 16GB 整備済製品 …2015年(平成27年)12月19日取扱開始
SoftBank 305SH2016年(平成28年)1月29日台数限定で取り扱い開始。但し、色はブルーのみ。
Libero2 …2017年(平成29年)9月8日取り扱い開始。色はブラックとホワイト。
シンプルスタイル・4Gケータイ用として、以下の機種が供給される。

Simply …2017年12月15日取扱開始。すでにY!mobileブランドで発売されている機種だが、SoftBankブランドではシンプルスタイル専用モデルとなる[20]
2015年にiPhone5の整備済製品をプリペイドモデルで発売したことによりiPhone5以降の端末(他社のSIMロック解除端末含む)であればプリペイドサービスを契約して利用出来る。
なおオンラインストアでの契約は不可能。ソフトバンクの店舗へ行き端末持ち込みで契約をする必要がある。
iPhone用のプリペイドSIMカードには「Pripeid」の文字は刻印されておらず半黒のnanoSIMにプリペイド用電話番号などの情報が書き込まれそれを本体に挿入して利用する。
ソフトバンク社内での動作確認はiPhone5でしか行っていないのでそれ以降の端末は動作保証外になる。[21]
また、iPhone同士のSIMの交換は可能だがiPhoneからAndroid、AndroidからiPhoneといったSIMカードの交換は不可能。
便宜上、プリスマと類似したサービスとなる、Disney Mobile プリペイドサービス(Disney Mobile プリスマ)に対応した端末についても列記する。

DM011SH2013年(平成25年)取扱開始
DM012SH2013年(平成25年)取扱開始
なお、SoftBank 730SCとSoftBank 301Zについては、プリペイド専用仕様であるため、メールは可能だがWEB機能や世界対応ケータイなどは省かれており、ポストペイド契約のSoftBank 3G USIMカード利用時も含めてそれらの機能は使えない。
SoftBank 822PSoftBank 821SCSoftBank 740SC(コンビニ版は除く)・SoftBank 731SC・SoftBank 840SC・SoftBank X02Tについては、ACアダプタが別売。その他は同梱されている。SoftBank 730SCは、同梱のアダプタに加え、822Pなどで採用されている共通ACアダプタの利用も可能。SoftBank 821SCの場合、別売りの共通ACアダプタの利用には付属の変換アダプタを使用する必要があり。
SoftBank 705Pxに限り、卓上ホルダが設定されているが、こちらは別売。 2014年3月、SIMフリー端末でのプリスマ契約を可能にしたが、音声通話、TVコール、SMS、S!メール、パケット通信などの通信や付加機能などソフトバンクモバイルのすべてのサービスについては動作保証外としている[24]

市場占有率[編集]

2010年(平成22年)12月末現在の契約数が816,500件であり、ソフトバンクモバイル全契約のうち、3.5%を占める。

脚注[編集]

金融機関での振り込みによるリチャージ

外部リンク[編集]

シンプルスタイル(プリペイド携帯電話) | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク

出典:Wikipedia
2020/03/19 22:35
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant