シンバル
▼人気記事ランキング
2.奏法や構造による区分
同じ形のシンバルを2枚対向させて打ち合わせるなどして演奏する場合と、1枚のシンバルを吊すかホルダにゆるく固定してスネアドラムのバチ(スティック)や、シロフォンマリンバグロッケンシュピールヴィブラフォン、場合によってはティンパニのバチ(マレット)で叩く場合とがあり、前者をクラッシュ・シンバル(一般的には合わせシンバルやハンドシンバルと呼ぶ)、後者をサスペンデッド・シンバルと呼んで区別する。また、2枚のシンバルを水平にホルダに固定して、1枚を上下に動くようにしてペダル装置で操作するものがあり、ハイハットと呼んで主にドラムセットの中で使用する。なお、サスペンデッド・シンバルに金属製の鋲(リベット)を数本打ち込んだものもあり、シズルシンバルと呼ばれる。また、サスペンデッド・シンバルの中でもチャイナシンバルやスプラッシュシンバルのように独特の音響を持つシンバルはエフェクト・シンバルと呼ばれている。

クラッシュは、⊃⊂と描きながら片方を上から下へ、もう片方を動かし、こすらせるようにして打ち合わせるのが基本である。非常に小さな音から一打ちでオーケストラ全体をも制するほどの大きな音まで出すことができる表現力がある。

サスペンデッドにはトレモロ(細かく反復して打つ方法)をしながらだんだん音量を大きくしていく奏法があり、劇的に曲を盛り上げる効果がある。

クラッシュでのトレモロは、楽器のひとつの縁と、逆の縁を交互に打ち合わせる奏法による。また、楽器をトライアングルのばちでこする、その他、様々な特殊奏法が開発されている。

上述の、管弦楽団や吹奏楽団などにおける合わせシンバル 及び サスペンデッド・シンバルには、18インチ・19インチ・20インチ前後のサイズのものが一般的に多く用いられるが、曲想によりこれ以外のサイズのものも適宜用いられる。マーチングバンドなどにおいては、演奏効果・視覚効果等に鑑み、様々なサイズの合わせシンバルを用いる。メーカーでも様々な径のシンバルを取り揃えている[1]。また、幼稚園小学校園児児童等による鼓笛隊などにおいては、音楽的な側面よりも、体格的な問題から、小さな径のインチ数の楽器が選択されるケースが見受けられる[2]

[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(3.ドラムセットにおけるシンバルの種類)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/09 21:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/14 更新
 1位日本
 2位狩野川台風
 3位ジョンベネ殺害事件
 4位三浦和義
 5位10月13日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant