サービス終了のお知らせ
シンハラ語
▼人気記事ランキング
3.現在のシンハラ語
3.2.近隣地域の言語との関連
シンハラ語には、英語版 Wikipedia にあるタミル語からの借用語リストにある借用語、およびドラヴィダ語からの発音と文法の影響が見られ、それが北部インド・アーリア言語から発達した各言語とシンハラ語の相違点ともなっており、シンハラ語話者とドラヴィダ語話者の交流が深かったことを示している。現在見られるドラヴィダ語の影響は主に以下の4点である。

短母音の e、o と長母音の ?、? の区別
有気音の欠落
左方分枝 (left-branching syntax、en) である(日本語と同じ)
kiyanav?(発言)という語の連体形を、たとえば英語の "that" や "if" のような従属接続詞として用いること(以下の例を参照、語順が日本語と同じであることが分かる)
"I know that it is new."

" それが 新しい ことを 私は 知っている"

"I do not know whether it is new."

"それが 新しいのか 私は 知らない "

[4]前ページ
(3.1.現在に残る基層言語の影響)
[6]次ページ
(3.3.外国語の影響)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/17 06:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant