サービス終了のお知らせ
シンハラ語
▼人気記事ランキング
2.歴史
2.2.発音の変化
その歴史の中で、大きな発音の変化がたびたび生じている。

破裂音では有気音無気音が区別されなくなった(例:kanav?(食事)など、サンスクリットでは kh?dati、ヒンドゥー語では kh?n? にあたる)
すべての長母音の短縮が起こり(上の例を参照、現在のシンハラ語に表れる長母音は全て借用語においてである。例:サンスクリットの vibh?ga(試す)から借用された vib?gaya など)、母音にはさまれた子音におけるエリジオン(例:サンスクリットの damanav? に由来する d?nav? など)や複合語による連音が生じた
長子音には子音のクラスター化が、長子音でない子音には長子音化が生じた(例:サンスクリットの vi???(時間)に由来するプラークリット・シンハラ語の vi??a、近世シンハラ語の vi?a など)
/j/ から /d/ への転化(例:サンスクリットの j?la にあたる d?la(クモの巣)など)
[4]前ページ
(2.1.変遷の経過)
[6]次ページ
(2.3.東西のプラークリットとしての対比)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/17 06:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant