サービス終了のお知らせ
シンハラ語
▼人気記事ランキング
3.現在のシンハラ語
3.4.他の言語に見られるシンハラ語の影響
元々ポルトガル植民地であったマカオの原住民社会で話されていたマカオ語(マカオ・クレオールとも、話者自身は Patu? パトゥアと呼ぶ)は、主にマレー語、シンハラ語、広東語ポルトガル語から発達したクレオールである。現在では広東語の広まりによって話者は減少しており、マカオおよびマカオ外のマカオ人社会で使われている。

マカオ語は主に、ポルトガル人男性とマラッカスリランカの女性(中国ではなく)の間の子やその子孫の間で使われ始めた。そのため、マレー語やシンハラ語の影響が成立初期から強い。

[4]前ページ
(3.3.外国語の影響)
[6]次ページ
(4.数詞)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/17 06:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant