サービス終了のお知らせ
シルク・ドゥ・ソレイユ
▼人気記事ランキング
5.日本での展開
5.2.日本でのツアーショー
日本でのツアーショー(巡回公演)はフジテレビジョンが各地の (FNS) 系列局と共催する形で1992年(平成4年)から行われている。当初は公演ごとに協賛スポンサーが変わっていたが、2007年以後、ダイハツ工業が冠協賛を続けている。

KIRIN LAGERファシナシオン」(1992年5月22日 - 8月31日 札幌市仙台市東京都横浜市大阪市名古屋市札幌市広島市北九州市で118回上演)
NISSANサルティンバンコ」(1994年3月11日 - 9月11日 東京都で248回上演)
NISSAN アレグリア」(1996年3月22日 - 10月20日 東京都、福岡市で260回上演)
デイリーヤマザキ サルティンバンコ2000」(2000年10月12日 - 2001年11月25日 東京都、横浜市、愛知県稲沢市、大阪市、福岡市で530回上演。ハロー!プロジェクトのメンバーがPRキャラクターを務めた。テーマソングは「恋愛レボリューション21」)
カーコンビニ倶楽部 キダム」(2003年2月7日 - 2004年4月4日 東京都、稲沢市、大阪市、福岡市で516回上演。東京では凱旋公演もあった。前ツアーに引き続きハロー!プロジェクトのメンバーがPRキャラクターを務めた。テーマソングは「Do it! Now」、「AS FOR ONE DAY」、「シャボン玉」)
KDDI アレグリア2」(2004年10月29日 - 2005年11月27日 東京都、稲沢市、大阪市、福岡市で466回上演)
ダイハツ ドラリオン」(2007年2月7日 - 2008年6月15日 仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、福岡市で569回上演。小倉智昭をメイン応援団長として各界著名人がスペシャルサポーターとしてPR)
「ダイハツ コルテオ」(2009年2月4日 - 2010年6月6日 東京都、名古屋市、大阪市、福岡市、仙台市で564回上演[† 2]。日本ツアー新記録となる167万9500人の動員を達成した。尚、2008年10月から2011年末まで常設劇場として運用されていたシルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京との関係もあり、この公演から「ツアーショー」という表現を公式に使用している)
「ダイハツ クーザ」(2011年2月2日 - 2012年4月1日 東京都、大阪市、名古屋市、福岡市で463回上演[† 3]
「ダイハツ マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル・ワールドツアー」(2013年5月9日 - 6月16日 さいたま市、横浜市、名古屋市、福岡市、大阪市で36回上演)
「ダイハツ オーヴォ」(2014年2月12日 - 2015年6月7日 東京都、大阪市、名古屋市、福岡市、仙台市で558回上演)
「ダイハツ トーテム」(2016年2月3日 - 2017年5月21日 東京都、大阪市、名古屋市、福岡市、仙台市で551回上演)
「ダイハツ キュリオス」(2018年2月7日 - 2019年5月29日 東京都、大阪市、名古屋市、福岡市、仙台市で553回上演)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/20 22:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant