ショートメッセージサービス
▼人気記事ランキング
3.日本のショートメッセージ・サービス
3.1.呼称の変化
PHS第2世代移動通信システム(2G)でSMSサービスが開始された当初は、「文字メッセージ・サービス」(Text messaging Serviceの訳語)と呼んでいたものの[12]、多くの利用者は「ショートメール」・「Cメール」・「スカイメール」・「ロングメール」などのサービス名で呼んでいた。
第3.5世代移動通信システム(3.5G)の途中からはスマートフォンが普及し、iOSAndroidWindows MobileなどのOSでは国際的な呼称の「SMS」を使用していたことから、日本でも次第に「SMS」と呼ばれるようになっていった。

[4]前ページ
(3.日本のショートメッセージ・サービス)
[6]次ページ
(3.2.文字数)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/20 18:00
ソ人気記事ランキング
2019/11/21 更新
 1位日本
 2位元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件
 3位小川博
 4位沢尻エリカ
 5位メチレンジオキシメタンフェタミン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant