ショーン・ヒンクリー
▼人気記事ランキング
1.来歴
1.2.日本代表として
アメリカと日本の二重国籍であったヒンクリーは、日本代表ヘッドコーチだったトーマス・ウィスマンの誘いを受け日本国籍を選択、2011年に日本代表候補に選出される[3]。翌2012年にはFIBAアジアカップに出場、準優勝に貢献した[9]
[4]前ページ
(1.1.プロ選手として)
[6]次ページ
(1.3.私生活)

3. “餃子好き米出身ヒンクリーが日本代表候補”. 日刊スポーツ. (2011年4月20日). http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20110420-763697.html 2016年8月29日閲覧。 
9. 渡辺淳二 (2012年10月5日). “アジアカップ準優勝で得た経験と指針 「アジアカップ準優勝」の持つ意味”. Cager. 2016年8月29日閲覧。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2016/08/29 14:01
ソ人気記事ランキング
2018/01/22 更新
 1位三毛別羆事件
 2位石狩沼田幌新事件
 3位ルパン三世 カリオストロの城
 4位札幌丘珠事件
 5位小室哲哉
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant