ショーン・ヒンクリー
▼人気記事ランキング
1.来歴
1.1.プロ選手として
アメリカ合衆国ロサンゼルス生まれ。父の影響で5歳からバスケットボールを始め、ウエストトランス高等学校では地域の優秀選手に選出された経験を持つ[3]
高校卒業後の2010年7月、リンク栃木ブレックスと契約を結び[4]、ブレックスと、その下部組織であるTGI D-RISEで試合に出場した[5]
2012-13シーズントヨタ自動車アルバルクに移籍。
2013-14シーズンアイシンシーホース三河に移籍し、「市岡ショーン」の名前で登録される[6]。シーズン終了後、学業に専念するため退団した[7]
その後サンディエゴコミュニティカレッジを経て、2015-16シーズン終盤の2016年2月にアイシン三河に復帰した[8]
[6]次ページ
(1.2.日本代表として)

3. “餃子好き米出身ヒンクリーが日本代表候補”. 日刊スポーツ. (2011年4月20日). http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20110420-763697.html 2016年8月29日閲覧。 
4. “新規選手 契約締結のお知らせ” (プレスリリース), リンク栃木ブレックス, (2010年7月26日), オリジナルの2010年8月23日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20100823091256/http://linktochigibrex.com/news/release_100726.html 2016年8月29日閲覧。 
5. “飛躍誓うジャパン候補 ショーン・ヒンクリー”. 下野新聞. (2011年10月2日). http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/sports/brex/news/20111005/628141 2016年8月29日閲覧。 
6. “市岡ショーン選手 入団決定のお知らせ”. アイシンシーホース三河 (2013年8月7日). 2016年8月29日閲覧。
7. “市岡ショーン選手 チームを退団し、大学進学(学業)へ挑戦”. アイシンシーホース三河 (2014年6月30日). 2016年8月29日閲覧。
8. “2015-2016シーズン 新規選手契約のお知らせ”. アイシンシーホース三河 (2016年2月9日). 2016年8月29日閲覧。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2016/08/29 14:01
ソ人気記事ランキング
2018/01/22 更新
 1位三毛別羆事件
 2位石狩沼田幌新事件
 3位ルパン三世 カリオストロの城
 4位札幌丘珠事件
 5位小室哲哉
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant