シュルレアリスム
▼人気記事ランキング
6.日本におけるシュルレアリスム
6.1.俗語としてのシュルレアリスム
1990年代末期頃から、日本のメディアや俗語において「シュール」であるということは、超現実主義の意味から逸脱して「ナンセンス」「不条理」であるという意味で使われるようになった。
あくまで「シュールな」「シュールだ」というように略称でのみ使われ、その場合は本来のシュルレアリスムからは独立した別の概念として扱われることがもっぱらであるが、これは応用である。

[4]前ページ
(6.日本におけるシュルレアリスム)
[6]次ページ
(7.研究)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/24 00:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/29 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位東出昌大
 5位徳勝龍誠
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant