サービス終了のお知らせ
サブカルチャー
▼人気記事ランキング
3.類語
オタク文化とサブカルチャーが同一視される場合もあるが、両者の微妙な差異にこだわる向きもある(例: 「ユリイカ」2005年8月増刊号 オタクvsサブカル!)。また、オタク文化は大槻ケンヂのように、大衆文化とは逆にお坊ちゃん文化という場合がある。寺山修司のように、サブカルの方が大衆文化に近い。
[4]前ページ
(2.1.サブカルチャーの位相)
[6]次ページ
(5.参考文献)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/07 22:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant