サービス終了のお知らせ
サトラップ
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
サトラップは、古代メディア王国アケメネス朝ペルシア王国及び、その政治体制を受け継ぐ諸国で用いられた州の行政官を指す称号である。サーサーン朝ヘレニズム要素の強い帝国でも用いられた。太守総督とも訳される。
サトラップは古代ペルシア語x?a?ap?van(州の守護者)から来ている。 x?a?a が領域や州を示す言葉で、p?van が守るものという意味である。この語をギリシア語に借用した σατρ?πη? (サトラペース)から語尾を抜いてサトラップという言葉になった。現代ペルシア語でも??????(サートラープ)と表記される。
現在では、超大国・覇権国の動向に極めて強い影響を受ける指導者・行政長官のことを比喩的に「サトラップ」と呼ぶことがある。
目次
1.メディア・ペルシアのサトラップ
└1.1.アケメネス朝における区分け
2.ヘレニズムのサトラップ
3.パルティアとササンのサトラップ
4.現在のサトラップ
出典:Wikipedia
2019/12/03 18:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant