サービス終了のお知らせ
サッダーム・フセインの死刑執行
▼人気記事ランキング
1.死刑執行まで
検察側、1982年7月のイラク中部ドゥジャイルのシーア派住民大量虐殺における、人道に対する罪でフセインと側近7名に論告求刑。内、フセインやターハー・ヤースィーン・ラマダーン元副大統領ら4名に死刑を求刑。
同年11月5日
イラク高等法廷、前述のドゥジャイル村惨殺事件で、フセインと側近2人に死刑判決。ラマダーンは終身刑の判決[1]
同年12月26日
イラク高等法廷・控訴審で被告側の控訴が棄却。これにより30日以内の死刑が確定。ラマダーンの一審の終身刑判決を差し戻し[2]
同年12月28日
イラク政府のムワッファク・アッ=ルバーイー国家安全保障担当顧問は死刑が一両日中にも執行されると語る[3]
同年12月30日
米軍からイラク側に身柄を引き渡され、午前6時5分頃、絞首による死刑執行。
[6]次ページ
(2.死刑執行)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/16 10:02
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant