サッカー南アフリカ共和国代表
▼人気記事ランキング
1.概要
アパルトヘイト政策により、長らく国際サッカー連盟(FIFA)からの制裁を受けていたが、1991年に制裁を解かれ、国際舞台への復帰を果たすと1996年のアフリカネイションズカップで優勝、さらに1998 FIFAワールドカップに初出場し、アフリカを代表するナショナルチームとして成長を遂げた。また、2002 FIFAワールドカップにも2大会連続で出場を果たした。

自国開催となった2010 FIFAワールドカップでは、カルロス・アルベルト・パレイラを監督に招聘したが、2008年にパレイラは癌にかかった妻の介護のために辞任。後任としてジョエル・サンタナが就任した。2010年のアフリカ選手権予選では8大会ぶりの予選敗退を喫した(なお、この予選は2010年大会のアフリカ予選も兼ねていた)。

FIFAコンフェデレーションズカップ2009では4位に入ったが、以降は低迷して2009年10月、サンタナの解任が発表され、後任にパレイラが復帰した。

本大会は、メキシコウルグアイフランスというグループで戦った。開幕戦となった初戦メキシコ戦ではチャバララの大会第1号ゴールが飛び出すなど、1-1の引き分けに持ち込んだ。しかし、続く2戦目のウルグアイ戦では0-3と完敗。3戦目のフランス戦では2-1で勝利したものの得失点差で及ばずグループリーグ3位に終わり、大会史上初となる開催国のグループリーグ敗退となった。

[6]次ページ
(2.1.FIFAワールドカップ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/10 16:30
ソ人気記事ランキング
2019/12/13 更新
 1位日本
 2位梅宮辰夫
 3位無名塾出身の俳優一覧
 4位松本ちえこ
 5位12月12日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant