サッカースウェーデン代表
▼人気記事ランキング
1.歴史
1940年から50年代にかけて隆盛した。1948年にはオリンピックで優勝、ワールドカップ1950年大会では三位、地元開催の1958年ワールドカップで準優勝を成し遂げた。当時の選手にはイタリアリーグや代表で活躍し、「グレ・ノ・リ」と呼ばれたグンナー・グレングンナー・ノルダールニルス・リードホルムらがいる。

1960年代に入ると低迷するが、1970年代に入ると3大会連続でワールドカップ出場を果たし、1974年の西ドイツワールドカップではラルフ・エドストレームらを擁し2次リーグ進出を果たした。

1980年代に再び低迷期に入ったが、1990 FIFAワールドカップ予選ではトマス・ブロリンを擁し2大会ぶりの本大会出場を果たし、4年後の1994 FIFAワールドカップではブロリンを筆頭にマルティン・ダーリンケネト・アンデションヘンリク・ラーションらを擁し三位入賞を果たした。

2000年代にはラーションに加えフレドリク・ユングベリズラタン・イブラヒモビッチキム・シェルストレームなどの攻撃陣を擁し、2002 FIFAワールドカップUEFA欧州選手権2004では上位進出も期待された。国際大会では毎回のようにダークホース的な存在である。伝統的にデンマークにライバル意識を持っており、UEFA欧州選手権2004UEFA欧州選手権2008予選などで対戦している。

2010年代に入りやや低調で、UEFA欧州選手権2012には出場したが、FIFAワールドカップ2010年大会2014年大会と2大会連続で予選落ちしている。2014年大会予選の3試合目では、その大会で優勝したドイツとアウェイで0−4のビハインドから4−4で引き分け、予選10試合でドイツが勝利を逃した唯一の試合を演じた。5大会連続で出場したUEFA欧州選手権2016はグループリーグで敗退し、大会後にはチームの絶対的存在であったイブラヒモビッチが代表からの引退を表明した。

2016年以降は若手の育成に成功しており、2016年リオデジャネイロオリンピックではU-23チームがヨーロッパ王者として出場した。2018FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では優勝経験のあるフランスと2010年大会準優勝、2014年大会3位のオランダと同組になるも得失点差でオランダを上回り、フランスに次ぐ2位でプレーオフに進出が決まり、1勝1分けでイタリアを破って3大会ぶりのワールドカップ出場を決めた。

本大会ではグループFに入り、初戦の韓国戦ではアンドレアス・グランクヴィストのPKで与えられた1点を守り切って勝利、2戦目のドイツ戦では1-2と敗戦するも3戦目のメキシコ戦では3-0で勝利し決勝トーナメント進出を決めた。ラウンドオブベスト16ではスイスに1-0で勝利するが、準々決勝でイングランドに敗れた。

[6]次ページ
(5.監督)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/19 18:31
ソ人気記事ランキング
2019/12/07 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 b
 4位HR 8799 d
 5位ガイナックス
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant