サイマル出版会
▼人気記事ランキング
概要
サイマル出版会(サイマルしゅっぱんかい)は、かつて存在した日本の出版社
翻訳通訳業務を行うサイマル・インターナショナルにより、1967年に別会社として創業。弘文堂で編集者として活躍した田村勝夫が創業。親会社の特質を生かした出版事業で、異文化、言語、文化史、国際理解、人間などをテーマに、質の高い出版活動を続けてきたが、出版界の景気低迷で、1998年に社業を断念、廃業した。
主要なロングセラーの多くは、その後、他の出版社から刊行されたものも少なくない。

代表的な出版物[編集]

D・ハルバースタム 『ベスト&ブライテスト』、『メディアの権力』
トマス・ゴードン 『親業』
A・セント=ジェルジ 『狂ったサル』
ルドルフ・ヘス 『アウシュヴィッツ収容所』
ロバート・ホワイティング 『菊とバット』
フランク・ギブニー 『人は城、人は石垣』
グレゴリー・クラーク 『日本人』
マクルーハン他 『マクルーハン理論』
ジェラルド・カーティス 『代議士の誕生』
ジャン=ポール・サルトル 『アラブとイスラエル』
ルイス・J・ハレー 『歴史としての冷戦』
サミュエル・P・ハンティントン 『変革期社会の政治秩序』
ピョートル・ウラジミロフ 『延安日記―ソ連記者が見ていた中国革命』
田々宮英太郎 『昭和権力者論 - 激動50年の政治権力史』
田々宮英太郎 『昭和維新 - 二・二六事件と真崎大將』
稲田耕三 『高校放浪記』
出典:Wikipedia
2017/10/24 08:00
ソ人気記事ランキング
2019/12/12 更新
 1位日本
 2位無名塾出身の俳優一覧
 3位松本ちえこ
 4位12月11日
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant