サービス終了のお知らせ
サンプリング
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
音楽におけるサンプリング: sampling)は、過去の曲や音源の一部を引用し、再構築して新たな楽曲を製作する音楽製作法・表現技法のこと。または楽器音や自然界の音をサンプラーで録音し、楽曲の中に組み入れることである。
サンプリングは元々、ミュジーク・コンクレート電子音響音楽で作業している実験音楽ミュージシャンによって開発されたもので、テープ・ループ英語版レコードを物理的に操作して蓄音機で演奏されていた。1960年代後半までに、テープ・ループ・サンプリングの使用は、ミニマル・ミュージックの発展とサイケデリック・ロックジャズ・フュージョンのプロデュースに影響を与えた。
ヒップホップ・ミュージックは、2つのターンテーブルとミキシング・コンソールでレコードを操作することを実験した1970年代DJらから生まれた、サンプリング技術に基づいた最初のポピュラー音楽ジャンルである[1]。1970年代半ばから1980年代初頭の電子音楽ディスコの登場、1980年代のエレクトロニック・ダンス・ミュージックインダストリアルの発展、1980年代以降のコンテンポラリー・R&Bからインディー・ロックまでのヒップホップの世界的影響である。歴史的には、サンプリングはハードウェアの特殊な部分であるサンプラーで行われていたが、今日ではソフトウェアが一般的に使用されている。しかし、ビニール・エミュレーション・ソフトウェア英語版も使用でき、ターンテーブリズム英語版の人々は伝統的な方法でサンプリングを続けている。近代的なデジタル制作方法にサンプリングルーツを組み込むことで、クラシック音楽ジャズ、様々なフォークソングなど、サンプリングの発明に先立つジャンルだけでなく、多くのポピュラー音楽にサンプリングが導入されるようになった。
多くの場合、「サンプル」は、歌の一部、例えばリズム・ブレイク英語版によって構成され、それは別の歌のビートを作るのに用いられる。例えば、DJから開発されたヒップホップ・ミュージックは、ブレイクをループする。1960年代後半のソウルファンクのレコーディングソング「ファンキー・ドラマー英語版」とアーメンブレイクは、ダンス・ミュージックとヒップホップで使用されている最も一般的なサンプルの1つであり、ブレイクビーツのようないくつかのサブジャンル全体は、主にこれらのサンプルの複雑な並び替えに基づいている。ロック・レコーディングのサンプルも新しい曲の基礎になった。例えば、レッド・ツェッペリンの「レヴィー・ブレイク」のドラムサウンドは、ビースティ・ボーイズドクター・ドレーエミネムマイク・オールドフィールド、ロブ・デューガン英語版、コールドカット英語版デペッシュ・モードイレイジャーなどのアーティストによってサンプリングされた。サンプルは、映画テレビ番組広告など非音楽メディアで話された単語やフレーズで構成することも可能である。
サンプリングは、既存の録音の使用を必ずしも意味するものではない。多くの作曲家ミュージシャンが、自分で作ったフィールドレコーディングをサンプリングして作品や曲を作ったり、オリジナルのレコーディングをサンプリングするアーティストもいる。例えば、トリップ・ホップバンドのポーティスヘッドは、既存のサンプルを使用しているだけでなく、曲を作る為に元々演奏していた音楽部分をスクラッチング英語版したり、操作したり、サンプリングしたりしている。
サンプリングの使用は法的にも音楽的にも議論の余地がある。1940年代から1960年代に技術を開発した実験音楽のミュージシャンは、サンプルから楽曲を製作する前に、フィールドレコーディングの被験者や著作権所有者に知らせなかった、または、認可を取らないことがあった。ヒップホップが地元のダンスパーティに限られた1970年代には、関係者に対して録音された音楽をサンプリングするための著作権の手続きをする必要がなかった。ジャンルが1980年のラップを中心としたレコーディングになり、それが主流になると、法的手続きを取る必要が生じた。それは最も成功したDJ以外のDJ、音楽プロデューサーラッパーにとっては困難なことだった。その結果、多数のレコーディングアーティストが非認定のサンプル使用で法的問題に直面した一方で、現在のアメリカ合衆国の著作権法の制限や創造性への彼らの世界的な影響も厳しく監視されるようになった。
法的問題の他にも、サンプリングは賛否両論の評価を受けている。今日のヒップホップDJはサンプリングの方法が異なる。いくつかの批評家、特にロッキスト英語版と見なされる人は、全てのサンプリングが創造性に欠けているとの信念を表明しているが、サンプリングは革新的で革命的な技術である。サンプリングされた作品について、サンプリングの有無に関わらず、その実行に関する幅広い意見が見られる。
目次
1.概要
├1.1.ヒップホップ
└1.2.電子音楽
2.歴史
├2.1.サンプリング前史
├2.2.ヒップホップにおける発展
├2.3.プログレッシブ・ロック、電子音楽における発展
├2.4.1990年代以降
└2.5.日本での事例
3.法的見地
├3.1.サンプリングが違法とされた例
└3.2.サンプリングが合法とされた例
4.サンプリング技法を使いビルボードHOT100で1位を獲得した主な曲
├4.1.1990年代
├4.2.2000年代
└4.3.2010年代
5.脚注
6.参考文献
7.関連項目
出典:Wikipedia
2020/01/16 05:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant