サービス終了のお知らせ
サンティアゴ (チリ)
▼人気記事ランキング
概要
サンティアゴ・デ・チレSantiago de Chile)、は、チリ首都。中央部の盆地に位置する。一般には単にサンティアゴと呼称する。首都機能を有するが、国会はバルパライソにある。同国最大の都市であると同時に南アメリカ有数の世界都市でもある。

歴史[編集]

植民地時代[編集]

サンティアゴは、1541年2月12日にスペイン人征服者ペドロ・デ・バルディビアによりサンティアゴ・デ・ヌエバ・エクストレマドゥーラ (Santiago de Nueva Extremadura) 市として建設された。起工式はウエレン・イル (Huel?n Hill) (現サンタ・ルシア・イルスペイン語版で行われた。バルディビアがこの場所に都市を建設した理由は、穏やかな気候と市中央部を横断するマポチョ川がマプーチェ族からの防衛線になるためであったといわれる。

最初の建築物は、チリ中部に居住していたインディオ部族の一つピクンチェ族の人々の協力で作られた。

マポチョ川の南部にある湿地は水が抜かれ、アラメダ (Alameda)(現アベニーダ・アラメダ・リベルタドール・ベルナルド・オイヒンススペイン語版という遊歩道に変えられた。

独立後[編集]

1810年から1818年のチリ独立戦争の結果、1818年ベルナルド・オイギンスホセ・デ・サン・マルティンらの活躍によりチリが解放されると、市南西部であったマイプーの戦いで若干の被害を受けたものの、サンティアゴは正式にチリ共和国の首都に指名された。

太平洋戦争に勝利すると、1880年代はペルー、ボリビアから併合したチリ北部で硝石が産出され、国が繁栄したことにより、首都サンティアゴも発展した。1930年代には、サンティアゴの近代化が始まり、チリ各地から人々が集まり、人口も増加した。1973年9月に起きたクーデターは映画「サンチャゴに雨が降る」 (1975年) でアジェンデ大統領誕生からの顛末が描かれる。1985年に地震が発生し、中心部の歴史的建造物が破壊された。1990年には、国会議事堂が約120km離れたバルパライソに移転している。

2019年10月18日地下鉄料金値上げに抗議する学生らのデモが暴動に発展(チリ暴動 (2019年))。機動隊らが多数のデモ参加者を拘束したほか、地下鉄施設やスーパーマーケットなどが火炎瓶などで放火され死傷者が発生した[1]

行政区分[編集]

サンティアゴは、以下の32区(首都州と一致)で構成される。各区には4年おきの選挙で選ばれる区長スペイン語: alcalde)がいる。

サンティアゴ区 (Santiago)
セリージョス区 (Cerrillos)
セーロ・ナビア区 (Cerro Navia)
コンチャリー区 (Conchal?)
エル・ボスケ区 (El Bosque)
エスタション・セントラル区 (Estaci?n Central)
ウエチュラーバ区 (Huechuraba)
インデペンデンシア区 (Independencia)
ラ・システルナ区 (La Cisterna)
ラ・フロリーダ区 (La Florida)
サン・ラモン区 (San Ram?n)
ラ・グランハ区 (La Granja)
ラ・ピンターナ区 (La Pintana)
ラ・レイナ区 (La Reina)
ラス・コンデス区 (Las Condes)
ロ・バルネチェア区 (Lo Barnechea)
ロ・エスペホ区 (Lo Espejo)
ロ・プラード区 (Lo Prado)
マクル区 (Macul)
マイプー区 (Maip? (Chile))
ニュニョーア区 (?u?oa)
ペドロ・アギーレ・セルダ区 (Pedro Aguirre Cerda)
ペニャロレン区 (Pe?alol?n)
プロビデンシア区 (Providencia)
プダウエル区 (Pudahuel)
キリクーラ区 (Quilicura)
キンタ・ノルマル区 (Quinta Normal)
レコレータ区 (Recoleta)
レンカ区 (Renca)
サン・ホアキン区 (San Joaqu?n)
サン・ミゲル区 (San Miguel)
タラガンテ区 (Talagante)
ビタクーラ区 (Vitacura)

気候[編集]

サンティアゴは地中海性気候で、10月から3月)は比較的暖かく乾燥し、最高気温が35度まで上がる日もある。6月から8月)は湿度が高く、普段は最高気温は15度くらいだが、低い日は0度近くまで下がる。年間降水量は約360mm。

降水は冬季に集中し、サンティアゴ市内でも雪が降ることもあり、周辺の山々は豊富な積雪量を誇る南半球最大のスキーリゾートとなっている。

盆地に位置するためスモッグ大気汚染がひどく、冬の数ヶ月間はサンティアゴに溜まることがある。政府は大気汚染を減らすために、重工業工場を盆地から出ていくよう誘導したが、失敗に終わった。

交通[編集]

空港[編集]

サンティアゴの表玄関となる空港アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港で、南米では設備の整った空港である。

鉄道[編集]

サンティアゴの鉄道は、中央(アラメダ)駅 (Estaci?n Central)をターミナルに、チリ国鉄によって近郊電車と中長距離列車が走っている。かつてはチリ北部の各地やアンデス山脈を越えたアルゼンチンのメンドーサへ向かう長距離列車(途中での乗り換えを含む)や中部バルパライソやロスアンデスへ向かう中距離電車も発着していたが、現在は中南部や南部への列車や近郊電車が中心となっている。

EFEテムコ - 長距離列車。かつては南部のプエルトモントまで寝台列車として運行される列車が存在したが現在は寝台列車及び約670km南のテムコ~プエルトモント間は運休中で、テムコまでの運行も不定期である。この列車の車両はスペインの元国有鉄道レンフェから購入した客車を使用している。
メトロトレン - 近郊電車。130km離れたサンフェルナンドまで運行。
メリトレン - 近郊電車。建設中。メリピージャまで運行予定。
テラスール - 中・南部各都市へ向かう中・長距離電車(多客機にはテムコ行きで使用の客車も使用)。チリ中部のタルカを経由し約400km南のチジャンを結ぶ。車両は長らく"Salon"と呼ばれた日本製のAEZが使用されていたが、現在はスペインの元国有鉄道レンフェから購入した電車をリニューアルしたUTS-444を使用している。最高時速は150km/h。
サンティアゴ-バトゥコ線 - 近郊電車。サンティアゴ地下鉄のキンタ・ノルマル駅とBatuco間を結ぶ。2019年開通予定。


地下鉄[編集]

サンティアゴには、フランスの協力で建設された5路線の地下鉄(メトロ)があり、数年以内に新たに2路線の開通が予定されている。比較的安全な交通機関として信頼されている。

トラム[編集]

トラム路線のラス・コデス・トラムが建設中である。

タクシー[編集]

サンティアゴのタクシーは、通りで拾って乗ることができ、普通は黒いボディーに黄色い屋根をしている。他にコレクティーボ (Colectivos) と呼ばれる乗り合いタクシーがあり、固定料金で決められた道を走る。

高速道路[編集]

サンティアゴ市内と空港を結ぶ大規模な有料高速道路が2005年に開通した。

文化[編集]

遺産やモニュメント[編集]

サンティアゴの首都圏には、歴史的・考古学的建造物やなどが多数位置している。エルプローモ (El Plomo)、教会、サンフランシスコの修道院、ラ?モネダ宮殿のインカの聖域、サンティグイノモニュメントはユネスコ世界遺産候補として提案されている。

スポーツ[編集]

市内から30〜50km程度の場所のアンデス山脈中にバジェ・ネバドパルバファレジュネス等の中南米最大級のスキーリゾートがあり、標高3000m〜5000m地点に滑走コースが作られている。これらのスキーリゾートでは国際大会が開かれており、サンティアゴは冬季オリンピックの招致活動の動きもある。

ATPツアーのベルサウス・オープンが1993年から2000年まで、モビスター・オープン2010年から同地で新たに開催されている。

ギャラリー[編集]

出典:Wikipedia
2020/03/20 11:01
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant