サンクトペテルブルク
てんびん座|無料ゲーム|セルライト
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
2.歴史
2.3.都市の歴史-ロシア帝国時代
ピョートル大帝によって1703年5月27日(グレゴリオ暦。当時のロシアで使われていたユリウス暦では5月13日)に築かれた人工都市であり、現在でも5月27日は建市記念日として市の祝日となっている[7]大北方戦争に苦心する中で、スウェーデンから奪取したバルト海・フィンランド湾沿岸のイングリアに新都として造営された。造営前のサンクトペテルブルク一帯は荒れ果てた沼地であった。河口付近にはペトロパヴロフスク要塞も同時並行で建設された。建造作業は過酷なもので1万ともいわれる人命が失われた。これらの建設費用と、これから必要とされる軍事費が、借款ないし貿易黒字としてサンクトペテルブルクに期待された。ロシアがポルタヴァの戦いに勝利してから、1713年この地へ遷都が行われた。
1725年に皇帝エカチェリーナ1世が首都へ科学アカデミーを創設した。同年、人口が10万人を超えた[8]。翌年ロシアがウィーン同盟に加盟した。ウィーン同盟とは、1719年1月5日に神聖ローマ皇帝カール6世がロシアとプロイセン王国を仮想敵国として、ザクセンポーランド王国グレートブリテン王国ハノーファー王国と組成したものであった。仮想敵国はプロイセンだけとなった。1728年イスタンブールに印刷所ができた。オスマン帝国の情報が黒海経由で科学アカデミーに集積され、それがライン川へ送られた。1734年、英露通商条約[9]。ロシアはオーストリア・ロシア・トルコ戦争 (1735年-1739年)ブルクハルト・クリストフ・フォン・ミュンニヒに軍政を委ね、アゾフ海クリミア半島の奪取に成功した。
歴代ロシア皇帝は首都の整備を続けた。1754年には王宮として冬宮が完成。ネフスキー大通りが整備され、冬宮を中心とした放射状の街並みが作られていった。1757年には演劇アカデミーが創設された。7年戦争中の1760年、ロシアが一時ベルリンを占領。エカチェリーナ2世時代の1762年には冬宮の一角にエルミタージュ美術館の元となる展示室が開設された。1766年、再び英露通商条約[9]。1768年に貨幣改革をして、翌年1月にロシア初の紙幣アシグナツィアを流通させた[10]。この年アムステルダムでロシア初の外債も発行した[10]。このため市章はラバルムをモチーフとした。1779年、アシグナト銀行が設立された。ペテルブルクで銀行業務を行いながら、地方都市に割引事務所を開設した[10]。1787年、仏露通商条約[9]
1800年、人口は22万人が居住していた[8]。1812年、ナポレオンモスクワだけ焼いて帰った。1817年、アシグナト銀行本体と割引事務所が母体となり、国立商業銀行が誕生した[10]1819年にはサンクトペテルブルク大学が創設された。1825年にはデカブリストの乱がこの街で起きたもののすぐ鎮圧された。1837年にはペテルブルクとツァールスコエ・セローとの間にロシア初の鉄道が建設された。この鉄道事業には、ベアリングス銀行ホープ商会が投資していた[10]1851年にはモスクワとサンクトペテルブルク間の鉄道が完成した[11]。1860年、政府は国立商業銀行などを統合して、国立銀行を設置した[10]。1869年、人口は67万となった[8]。1873年当時のサンクトペテルブルクの様子は日本の岩倉使節団の記録である『米欧回覧実記』に詳しく記されている[12]
1894年、ロシアがドイツ帝国と通商条約を結んだ。1897年、国立銀行が中央銀行となり、このときロスチャイルドのロシア投資を仲介するアレクサンドル・スティグリッツが初代総裁となった[10]。1898年6月、国立銀行が露清銀行の新株を全部引き受けて、パリバの支配力に対抗した。19世紀末には聖イサアク大聖堂血の上の救世主教会など、現在でもサンクトペテルブルクの名所となっている建築物が相次いで建設された。また、民間の経済力も向上し、ネフスキー大通りを中心に豪壮な建築物が立ち並ぶようになった。
1905年10月、サンクトペテルブルクでソヴィエトがゼネスト。1907年、英露協商1910年、人口は190万人に達していた[8]。同年、露亜銀行が誕生した。このころ、株式商業銀行をふくめたペテルブルクの銀行群がロシアの金融界で支配力を急速に増した[10]。これらは露仏同盟などをきっかけに都市開発が進んだ結果である。1912-14年、ロシアの大銀行がパリロンドンなどの国際金融市場へ支店・持株会社を設立した[10]。1913年にはサンクトペテルブルクでゼネストが起きていた。
フレッツ光|愛内里菜|脱毛
看護助手|前世|現金
楽天ポイント最大10倍!
ポイント10倍の注目商品をチェック♪
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(2.2.市の建設以前)
[6]次ページ
(2.4.都市の歴史-ソビエト連邦時代)

7. Законодательное Собрание Санкт-Петербурга. Закон 555-75 от 26 октября 2005 г. ?О праздниках и памятных датах в Санкт-Петербурге?, в ред. Закона 541-112 от 6 ноября 2008 г. (Legislative Assembly of Saint Petersburg. Law #555-75 of October 26, 2005 On Holidays and Memorial Dates in Saint Petersburg. ).
8. 「新版 ロシアを知る事典」p311 平凡社 2004年1月21日発行
9. 武田元有
10. 塩谷昌史 サンクト・ペテルブルクとロシア系ユダヤ商人 經濟學雜誌 114(3), 76-93, 2013-12
11. 「図説 ロシアの歴史」p90 栗生沢猛夫 河出書房新社 2010年5月30日発行
12. 久米邦武 編『米欧回覧実記・4』田中 彰 校注、岩波書店(岩波文庫)1996年、47〜110頁

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/10/14 13:00
ほくろ除去|スピリチュアル|おうし座
ワンピース|縁結び|ふたご座
ソ人気記事ランキング
2017/10/18 更新
 1位ドリフ大爆笑
 2位いぬやしき
 3位信長協奏曲
 4位陸王 (小説)
 5位青木歌音
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant