サンクトペテルブルク
にきび跡|心理テスト|浮気
まとめ買いで送料無料!
重たいドリンクはお得にまとめ買い
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
2.歴史
2.2.市の建設以前
ネヴァ川河口域は、古くはバルト海からヴォルガ川、ドニエプル川といった内陸水路を通じて黒海へと向かう「ヴァリャーグからギリシャへの道」と呼ばれた交易ルートに位置し、ルーシの北辺に位置していた。キエフ公国が分裂するとノヴゴロド公国の辺境地帯となった。ノヴゴロドはここから発するネヴァ川水路でバルト海とつながっており、ハンザ同盟の4大商館のひとつが置かれた。一方で、ネヴァ川河口はフィンランドを支配下に置くスウェーデンとの国境地帯ともなっていた。1240年には両国の間に、現在の中心部東端に当たる場所でネヴァ河畔の戦いが起こった。この戦いはノヴゴロド公アレクサンドルの活躍によりノヴゴロド側が勝利し、アレクサンドルはネヴァ川の勝利者という意味のネフスキーという名を加えて以後アレクサンドル・ネフスキーを名乗るようになった。アレクサンドル・ネフスキーはロシアの英雄の一人となり、サンクトペテルブルク建都後に彼を記念して、古戦場にアレクサンドル・ネフスキー大修道院が建てられた。その後はノヴゴロドを併呑したモスクワ公国領となっていたが、1617年にスウェーデンがここを奪取した(ストルボヴァの和約)。ほどなくスウェーデンは三十年戦争を通じて、フランスオランダと経済協力関係を結んだ。そしてアムステルダム資本がサンクトペテルブルクへ流入した。
無料ゲーム|前世占い|資格
懸賞|無料占い|さそり座
毎日更新!楽天ランキング
最新売れ筋商品が一目瞭然!
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(2.1.名前の変遷)
[6]次ページ
(2.3.都市の歴史-ロシア帝国時代)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/10/14 13:00
運命の赤い糸|縁結び|脱毛
恋愛占い|賃貸|フレッツ光
ソ人気記事ランキング
2017/10/18 更新
 1位ドリフ大爆笑
 2位いぬやしき
 3位信長協奏曲
 4位陸王 (小説)
 5位青木歌音
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant