サンクトペテルブルク
相性診断|転職|モテ期
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
6.文化
6.2.音楽
サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団(旧レニングラード・フィル)
エフゲニー・ムラヴィンスキーが指揮していた時代には、世界有数の実力を誇るオーケストラと言われた。
マリインスキー劇場
20年間に渡り音楽監督を務めているヴァレリー・ゲルギエフのもと、現在のロシアで最も評価の高いオペラハウスに成長。オペラ・バレエだけでなくコンサート(同劇場管弦楽団として)においてもレベルの高い演奏を続けている。
ウィンナワルツの作曲家として知られるヨハン・シュトラウス2世は、1856年から連続して1865年までと、1869年、それに晩年の1886年の夏にサンクト・ペテルブルクやその近郊の街であるツァールスコエ・セロー(現在のプーシキン)やパヴロフスクを訪れ、特にバヴロフスクの駅舎コンサートではロシア人聴衆を前に多数のワルツやポルカの数々を相次いで発表し、当地で熱狂的な支持と歓迎を得た。シュトラウス2世自身も滞在先のロシアからウィーンの友人に宛てたある手紙の中で「生きるならロシアに限ります。ここには多くの金がある。金がある所にこそ生きがいがあるのです!」と述べて書き送っているほどである。そんなロシア滞在時代には多くのセンチメンタルな作品のあれこれが書かれ、それらの多くはロシアの民謡を実際に形として取り入れた作品や、ロシア的に響く内容の性格色濃い作品が多く目に留まる。なお、ヨハン2世の弟のヨーゼフ・シュトラウスも1862年と1869年の夏に兄のヨハン2世夫妻に随行する形でロシアを訪れて、パヴロフスクの駅舎で自作を発表し演奏して公式にロシア・デビューを果たしてもいる。
1857年には、当時のサンクト・ペテルブルクの上流社会に因んで流行のフランス語でタイトルが与えられた、印象的な内容のカドリーユ『ル・ボー・モンド(=美しい世界)』op.199が誕生し、さらに翌1858年には、渋いチェロの独奏で開始される穏やかな内容のワルツ<サンクト・ペテルブルクとの別れ> op.210や、1859年にはコーダ部分で嵐の情景の様を効果的に描いた力作ワルツ<旅の冒険>op.227が、1860年には素朴ながらも感傷的なロシア情緒が交錯する幾分悲劇的な転調で変化を見せる内容の<宝石のポルカ> op.242や、さらに言えば、「北のヴェネツィア」の愛称の由来となったネヴァ川にちなんで1864年の夏に滞在先のロシアで偶然に書かれたとされる愛らしく無邪気な内容の<ネヴァ川ポルカ> op.288などの作品がいずれも避暑先のロシアで書かれている。これらの他にもロシア風な特徴を持つ作品群が多数ヨハン・シュトラウス2世の作品表上には眠っている。どのロシア時代の作品も傑作と呼ぶべき密度の濃い作品が揃っており、それらの大半は今日、演奏される機会にほとんど恵まれず隠され埋もれた状況となっている。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ニューイヤーコンサートでもシュトラウス2世のロシア滞在時代の作品は、いまだにそのほんの一部分の作品が繰り返し演奏・録音されるほかは発掘演奏されずコンサート・ピースとしてレパートリ―に定着していない感が否めない。
がん保険|ほくろ除去|内職
懸賞|てんびん座|ワンピース
毎日更新!楽天ランキング
最新売れ筋商品が一目瞭然!
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(6.1.文学)
[6]次ページ
(6.3.マスメディア)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/10/14 13:00
姓名判断|前世占い|夢占い
現金|ふたご座|セルライト
ソ人気記事ランキング
2017/10/18 更新
 1位ドリフ大爆笑
 2位いぬやしき
 3位信長協奏曲
 4位陸王 (小説)
 5位青木歌音
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant