サービス終了のお知らせ
サレルノ
▼人気記事ランキング
概要
サレルノイタリア語: Salerno ( 音声ファイル))は、イタリア共和国カンパニア州にある都市で、その周辺地域を含む人口約13万人の基礎自治体コムーネ)。サレルノ県県都である。

ティレニア海に面した古い歴史を持つ港湾都市で、中世にはヨーロッパ最古の医科大学であるサレルノ医学校英語版(現在のサレルノ大学の前身)が開設された。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

ティレニア海に面し、アマルフィ海岸ソレント半島の付根のサレルノ湾に位置する。サレルノの市街は、州都ナポリから南東へ約46km、ポテンツァから西へ88km、コゼンツァから北北西へ約200km、首都ローマから南東へ約236kmの距離にある[4]

隣接コムーネ[編集]


隣接するコムーネは以下の通り。

バロニッシ - 北
ペッレッツァーノ - 北
カスティリオーネ・デル・ジェノヴェージ - 北東
サン・マンゴ・ピエモンテ - 北東
サン・チプリアーノ・ピチェンティーノ - 東
ジッフォーニ・ヴァッレ・ピアーナ - 東
ポンテカニャーノ・ファイアーノ - 南東
ヴィエトリ・スル・マーレ - 西
カーヴァ・デ・ティッレーニ - 北西

歴史[編集]

サレルノの起原は古代ギリシア人の植民地であったが、紀元前2世紀にローマ植民地となった。9世紀にはランゴバルド人によりサレルノ公国が成立したのち、1077年にはノルマン人傭兵であるロベール・ギスカール(ロベルト・イル・グイスカルド)の支配下に入り、オートヴィル朝のもとで経済的な繁栄を遂げた。

サレルノ大学は、現存の世界の大学の中でボローニャ大学に次ぐ古い歴史を持つ。ボローニャが法学を看板にしていたのに対して、サレルノは医学の大学で、今日の解剖学教室のような階段教室が当時から既にあったようだ。

第二次世界大戦では、1943年9月に連合国軍がサレルノから南方一帯にかけてのサレルノ湾岸に上陸した(アヴァランチ作戦)。

社会[編集]

経済・産業[編集]

サレルノの主要産業は機械工業、食品製造業、繊維業である。

文化・観光[編集]

サレルノには大司教座がある。主要な建築物としてノルマン人支配時代のアレキ城(カステロ・ディ・アレキ)、塔で有名な大聖堂がある。大聖堂にはグレゴリオ7世の墓所が置かれている。

スポーツ[編集]

サレルニターナ・カルチョ1919

姉妹都市[編集]

 遠野市日本岩手県
1984年8月8日 姉妹都市提携[5]
 ルーアンフランス

交通[編集]

サレルノ駅

脚注[編集]

外部リンク[編集]

コムーネ公式サイト (イタリア語)
出典:Wikipedia
2020/03/11 18:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant