サービス終了のお知らせ
サルトプス
▼人気記事ランキング
概要
サルトプス Saltopus は恐竜形類に属する絶滅した爬虫類の一つ。全長80-100cmで[1]三畳紀後期のスコットランドに生息した。

William TaylorによってLossiemouth West & East Quarriesで発見された。タイプ種 Saltopus elginensis は1910年、フリードリヒ・フォン・ヒューネによって命名・記載された。属名はラテン語: saltare("跳ねる")・古代ギリシア語: πο??("足")に由来し、種小名は産地近くの都市エルギンに由来する。ホロタイプ NHMUK R.3915 は、Lossiemouth Sandstone Formation(カーニアン-ノリアン)から産出したものであり、脊柱の一部・前肢・後肢・骨盤を含む部分骨格であるが、頭骨を欠く。多くの部分は雄型として保存されており、残っている骨は僅かだった[2]。現在まで、保存状態のよい標本は得られていない。

肉食性。骨は鳥のように中空で、体重は1kg程度と推定されている。全長の大部分は尻尾であり、体は猫くらいの大きさだった。関連する化石から推測すると、長い頭部と、多くの鋭い歯を持っていたとみられる。手は5本指で、第4・5指は小さい。2011年、原記載に反し、仙骨が4個ではなく2個の脊椎から構成されるという祖先的な形質が明らかになった[1]

かつてはヘレラサウルス科に近縁な獣脚類と考えられていたが、この分類は標本が断片的であるために否定された。グレゴリー・S・ポールなどの研究者は、本種をコエロフィシス科獣脚類の幼体だと考えた[3]。2000年、RauhutとHungerb?hlerは、本種は真の恐竜ではなく、ラゴスクスに近縁な恐竜形類だと結論した[4]。Michael BentonはAlick Walkerの研究を引き継ぎ、2011年、本種はプセウドラゴスクスより派生的な恐竜形類で、シレサウルス科と恐竜を含むクレードの姉妹群になると結論した[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

Saltopus in the Dino Directory
出典:Wikipedia
2019/04/23 23:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant