サービス終了のお知らせ
ゴス (サブカルチャー)
▼人気記事ランキング
3.歴史的・文化的影響
3.3.近年のメディアの影響
ゴス文化が定着し、ホラーとゴシックの関係はほとんど決まり文句状態となり、ゴス文化にはホラー小説や映画のキャラクターが出てくるようになった。例えば、ザ・クロウは、ゴシック音楽やゴス・スタイルを直接的に描いている。ニール・ゲイマンの人気グラフィックノベル『サンドマン』における、暗くて不気味な主人公ドリームと、その姉デスといった要素は、ゴスの影響を受けている。アン・ライスのシリーズ本The Vampire Chronicles と、ワールド・オブ・ダークネスを扱った人気RPG(特にヴァンパイア:ザ・マスカレード)もまた、ゴシック音楽やゴス文化を直接的に題材としており、シーンを活性化させた。

日本のアニメおよび『マトリックス』や『シャドウラン』といったサイバーパンク作品も、ゴスとは関連性がないものの、ゴス・シーンに影響を与え、サイバー・サブカルチャーやインダストリアル・サブカルチャーと結びついて影響力を増し、サイバー・ゴスというジャンルが生まれた。

人気のあるゴス・キャラクターが積極的に描かれたアメリカのテレビドラマシリーズは『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』である。ポーリー・ペレット演じるアビー・シュートは、風変わりなゴスではあるが、有能な法科学者として中心人物の一面を持っている。

[4]前ページ
(3.2.20世紀における影響)
[6]次ページ
(3.4.ヴィジュアル・アートの影響)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/20 09:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant