サービス終了のお知らせ
ゴス (サブカルチャー)
▼人気記事ランキング
2.ゴス・シーン
ゴシック・ロック及びデス・ロックのシーンを始めたバンドは数が限られており、その中にはバウハウス、スペイシメン(Specimen)、スージー・アンド・ザ・バンシーズダムド、 Southern Death Cult、 Ausgang, セックス・ギャング・チルドレン(en:Sex Gang Children), 45 Grave, UK Decay,ヴァージン・プルーンズ(en:The Virgin Prunes), Kommunity FK, Alien Sex Fiend やクリスチャン・デス(en:Christian Deathなどがいた。Gloria Mundi、ジョイ・ディヴィジョンザ・キュアーデッド・カン・ダンスや初期のアダム&ジ・アンツキリング・ジョークもこのころにバンドを始めた。

1980年代、The Sisters of Mercy、 The Mission(アメリカではThe Mission UKとして知られている)、Xmal Deutschland、The Bolshoi や Fields of the Nephilimなどといったバンドが急増し始め、人気も急上昇した。1990年代になると、1980年代に活躍したバンドが大きく成長して、多くの新しいバンドが出てくるようになった。ファクトリー・レコード、4ADレコードや ベガーズ・バンケット・レコードといったレコード会社がヨーロッパでゴシック・ロックの楽曲を出した一方、クレオパトラ・レコードはニューヨークやカリフォルニア州のロサンゼルス、オレンジ郡などといったゴス・サブカルチャーの成長が著しく多くのナイトクラブで‘ゴシック/インダストリアル’バンドの楽曲をかける地域でアメリカのゴシック・ロックの楽曲をリリースした。これによって、ダークウェイヴミュージックのサブジャンルの1つであるイセリアルウェイヴという口語が生まれた。

1990年代半ばまでにゴス文化人が専心する場所で聞かれる音楽のスタイルが、ゴシック・ロックやデス・ロックから インダストリアル、 EBM、アンビエント、 experimental, synthpop, シューゲイザー, パンク・ロック、1970年代のグラム・ロックや indie rock、さらには1980年代のダンスミュージックまで幅広くなった。この多様性によって、ゴス文化人の間にも電気的な要素が入るようになった。

近年、アグロテックフューチャーポップシンセポップの反動で初期のポジティブパンクやデス・ロックのも向きが復活しているのが目に見えており、多くのゴスクラブを増やしている。Cinema Strange, Bloody Dead And Sexy, Black IceやAntiworldといった初期のゴスサウンドを再現したバンドがとても大きな人気を集めている。Nights like Ghoul School と Release The Bats は精力的にデスロックをアピールしており、Drop Dead Festival は世界中のデスロックファンから評価されている。 Drop Dead Magazine(Drop Dead Festival の手引書)などといったゴスやデスロックの雑誌も人気に一役買っている。

今日のゴス・ミュージックシーンは西ヨーロッパ特にドイツで活発になっており、 Wave-Gotik-Treffenや M'era Luna、その他世界中から10〜100人のファンを集めている大きなフェスティバルが開かれているほどである。しかし北アメリカでもまだ、Chamber's Dark Art & Music Festival といった大スケールのイベントを今でも行っている。[5]

[4]前ページ
(1.2.現在におけるゴス文化のサブカルチャー的限界)
[6]次ページ
(3.1.語源)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/20 09:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/22 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位SICK'S 〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant