サービス終了のお知らせ
ゴス (サブカルチャー)
▼人気記事ランキング
1.誕生と発達
1.2.現在におけるゴス文化のサブカルチャー的限界
1990年代までに、ゴスという言葉と適合したサブカルチャーはより論争を呼ぶようなものになっていった。一般人や有名なメディアによって、ゴス文化と同一化してしまうような新しいサブカルチャーが発生し、より人気を集めた。この同一化は、ゴシックロックバンドの音楽的なジャンルというよりも寧ろ、見た目や社会的習慣の類似性やサブカルチャーファッションによって引き起こされたものである。時がたつにつれ、ゴスという単語はより広い意味で使われるようになり、時として元のゴス文化とは音楽的にもファッション的にもかけ離れたグループをはっきりさせるためにも使われた。

また、これにより、いくつかのゴス文化人や、一般人がゴスとはあまり関係のない人やサブカルチャーのことを呼ぶのに使われるゴス・スラングが生まれた。アメリカにおけるmall goths、ラテンアメリカやイタリアにおけるdark、ニュージーランドにおけるhackians、そしてイギリスにおけるmoshersやmini-moshersはほんの一例である。一方ではよい意味の言葉として、年長のゴス文化人が目立ちたがり屋で一段階上のゴスへの階段を上りつつある年少の者たちのことを呼ぶ、mini-gothsやbaby batsなどがある。インターネットを基にしたゴス関係の情報は、現実やオフライン、言われているところによると、英米以外の国々で使われているスラングを歪め誇張する結果を引き起こした。

古いサブカルチャーから新しいグループへの反応は変わりつつある。いくつかの分裂したサブカル的アイデンティティの中に地位を確立している者たちは、最初の立場においてゴスと呼ばれることに抵抗する一方、その言葉で呼ばれているサブカルチャーに参加するものもいる。しかしながらその存在を無視し、ゴスという言葉自体を取り除き、自分たちのイメージの中の考えに定義しなおす者もいる。流行の変化というのは、ゴスの限界をはっきりと示すことの複雑性をも表している。

[4]前ページ
(1.1.ポスト・パンク後)
[6]次ページ
(2.ゴス・シーン)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/20 09:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant