サービス終了のお知らせ
ゴス (サブカルチャー)
▼人気記事ランキング
1.誕生と発達
1970年代後半までに、ゴシックと呼ばれるイギリスのポストパンクバンドがいくつかあった。しかしながら、ゴシック・ロックがポストパンク内のサブジャンルになったのは1980年代前半であり、これらのバンドのファンははっきりとした活動を行い始めた。そのシーンは1981年2月21日にスティーブ・キートンが執筆し、UKロックウィークリーサウンズから出版された『The face of Punk Gothique』から名前を取った。1982年7月、ロンドンのソーホーで行われたバットケイブと言う、頭角を現しつつあるシーンに焦点を当てた重要な集会はニュー・ミュージカル・エクスプレスによって一時的にポジティブパンクと呼ばれるようになった。[3]
後にバットケイブという言葉は、古いゴスを指すのに使われるようになった。

イギリスのシーンとは別に、1970年代後半〜1980年代初頭にかけて、アメリカでは、アメリカン・パンクからデスロックが分流をなした。[4] 1980年代から1990年代初頭にかけて、ドイツに頭角を現しつつあるサブカルチャーに携わる人間は、Grufti[e]s(英語で納骨堂の生き物や墓場の生き物のことを表す)と呼ばれ、彼らはニューロマンティックの影響下でゴシックとニュー・ウェイヴの融合に関心を向け、ダーク・カルチャー(かつてはダーク・ウェーブ・カルチャーと呼ばれていた)の初期段階を形成していった。

[6]次ページ
(1.1.ポスト・パンク後)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/20 09:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant