ゴジラ (架空の怪獣)
がん保険|にきび跡|四柱推命
勝った翌日ポイントアップ!
楽天イーグルス&ヴィッセル神戸応援企画
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
6.『シン・ゴジラ』のゴジラ
6.1.設定
太古の時代より生き残っていた深海棲の海洋生物が60年前に投棄された放射性廃棄物を大量摂取したことにより放射能に耐性が付き、突然変異と異常成長を繰り返し誕生した生物と推測されている。
アメリカのエネルギー省 (DOE) では以前からこの生物の存在を把握しており、同国の生物調査機関に属していた牧悟郎元教授が中心となって生態の研究が進められ、彼の故郷である大戸島の伝承にある神の化身「呉爾羅ごじら)」の名から『GODZILLA』という英語名が与えられていた。出現当初、日本政府は『巨大不明生物』と呼称していたが、牧の情報を入手して以降は日本語訳した『ゴジラ』の通称で称呼している。
その身体には人間の約8倍という膨大な量の遺伝子情報が内包され、それには爬虫類のみならず魚類鳥類などといった他の種類に属する生物の性質も多数含まれており、世代交代を経ない単一の個体でのあらゆる環境に対する適応進化や、第2形態から第3形態に進化した際に自己冷却機能が追いつかず、容姿はそのままで第2形態に近い形に退化して海に戻った。このことから、必要に応じて自己退化能力も有し、自由に進化・退化が可能であること、細胞分裂による無性生殖も可能であると分析され[120]、このまま放置すれば「自己増殖による無制限の繁殖」「有翼化しての飛行能力の獲得による世界規模のテリトリー拡大」「小型化への変異」といった危険性についても言及されている。そのため「この地球(ほし)で最も進化を遂げた生物」「人智を超えた完全生物」とも言われている。
体内には、生体原子炉とも言える「熱核エネルギー変換生体器官」を持つ。それによって生み出されるエネルギーは極めて莫大であり、超高温の体温を保つ表皮の一部からは高熱によって生じた赤い光が漏出している。それに加え、細胞には元素変換を行える機能を有しており、それを利用して体内に取り込んだ水と空気の反応だけで自身の生存に必要なエネルギーをすべて引き出すことが可能とされ、他の栄養素を摂取する必要が一切ないと推測されており、その口腔は牙が不揃いで下顎には舌も無いなど生物の捕食には適さない。自然界にはもはや天敵となるものは存在せず、従来の生物的常識を超越した性質は「完全生物」や「を食べて生きる仙人」にも例えられ、 生物には不可避の「」という概念すらも克服している可能性も疑われている。また、活動の際には未知の放射性元素を大量に撒き散らすが、半減期は約20日と非常に短く、3年ほどでほぼ無害化することが判明している。
外皮は極めて強靭であり、自衛隊が機関砲ロケット弾対戦車ミサイル120mm滑腔砲誘導爆弾などを多数直撃させるも効果は無かった。米軍のB-2が投下した大型貫通爆弾である「地中貫通型爆弾MOP II」の直撃で背鰭を負傷したが、強い再生力から致命傷には至らなかった。また、体の大きさと頑丈さにより単に進行するだけで進路上の建物が倒壊し、尻尾を振り回せば当たった建物が倒壊する。
上記の米軍の攻撃により負傷した事を受け、対抗措置として体内のエネルギー転用による口腔からの熱線放射能力を発現させている。発射の際は、背鰭の部分を中心に赤く光る箇所が紫色に変化し、口が大きく裂けるように開いて下顎をヘビのように真っ二つに展開させる。放射する熱線はまず黒煙を吐き出し、眼球が瞬膜に覆われると同時に火炎放射に変化していき、それが集束して紫色の細いレーザービーム状に変化し、ガスバーナーの要領で標的を焼き切る。この熱線の射程距離は非常に長く、背鰭の赤く光っていた部分からレーザー状の熱線を複数放射することも可能で、背鰭からの無数の発射によって生じるエネルギーの過多な消耗を最小限に抑えるために、尻尾の先端部からも熱線を放つ能力を得て自身の背後や高空などの口腔からの発射だけでは対処しにくい位置にいる敵への攻撃の命中精度の向上を可能とさせるなど、状況に合わせて新たな防御や攻撃を実現している。以降は空からの攻撃に備えたフェーズドアレイレーダーに似た生体レーダー器官の存在が予測されており、たとえ休眠時であっても接近してくる飛行物体を身体からの熱線で自動迎撃できるようになっている。
熱線は非常に強力である分、一度発射するとコントロールが効かずエネルギーが底を突くまで発射し続けるため、その後は約360時間もの休眠状態に移行して完全に停止する。この際、エネルギー量が少なくなると、レーザービームの状態を維持できなくなり、火炎放射状態に戻っている。ただし、B-2からの攻撃でダメージを負ったことから飛行物体への熱線による迎撃は自身の意識下とは関係なく無差別に自動で行ってしまうため、無人攻撃機による飽和爆撃に反応し続けた結果、エネルギー量が低下して火炎放射状態に戻ってしまい、最終的には一時的に熱線の連続使用が不可能となっている。また、耐久力は非常に高いが体格の大きさから俊敏さに欠け、回避行動を取ることも困難であるため、爆撃機の迎撃ができない場合は確実に被弾してしまう。また、高層ビルが体に覆い被さるように倒壊した際には、バランスを崩して転倒している。
熱エネルギーの冷却には血液流による液体冷却と背鰭からの放熱を用いているが、後者は補助的なものであり、もし血液の循環に問題が発生した場合は熱の冷却が追いつかず、原子炉スクラムのような状態となってエネルギー生成器官の機能が停止し、そのまま全身が凍結してしまう。
政府の不明巨大生物災害対策本部は飽和攻撃に対する反応と生成器官の特性を利用し、大量の血液凝固剤を直接口から注入することでゴジラを封じ込める「矢口プラン」・「ヤシオリ作戦」により、凍結させることに成功している。
無料ゲーム|愛内里菜|浮気
現金|夢占い|保育士
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
[4]前ページ
(6.『シン・ゴジラ』のゴジラ)
[6]次ページ
(6.2.造形)

120. 実際に未公開シーンにて、米軍の爆撃の際に負傷、流れ落ちた血液からは、本体と同様の眼球が複数形成され掛かっている。

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/11/19 23:32
運命の人|霊視|ほくろ除去
前世占い|無料相性占い|金融
ソ人気記事ランキング
2017/11/20 更新
 1位鶴ひろみ
 2位松平信康
 3位大動脈解離
 4位難波圭一
 5位奈良小1女児殺害事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant