サービス終了のお知らせ
ゴシック・アンド・ロリータ
▼人気記事ランキング
3.ストリート・ファッションとしてのルーツ
3.1.ナゴムギャルとトランスギャルによるゴシックとロリータの融合
1980年代頃、トランスギャルナゴムギャルという2種類のおっかけが存在した。トランスギャルは、トランスレコードYBO2Z.O.AASYLUMSODOMなどのおっかけをし、全身を真っ黒の出で立ちに青白いメイクと髑髏のアクセサリーを身に付け[32]MILK、OZONE COMMUNITY、Y'sCOMME des GARCONSなどのブランドを好んだ[50]。またナゴムギャルは、ナゴムレコード有頂天たま人生筋肉少女帯ばちかぶり、死ね死ね団などのバンドのおっかけをし、ボーダーニーソックスリボン、派手なTシャツにラバーソウルを着た実年齢よりも幼い印象で[32]、Jane Maple、MILKPINK HOUSEなどのブランドを好んだ[51]。その後イカ天バンドブームが到来し、歩行者天国でストリートライブが行われるようになってくると、様々なバンドを見るファンによって、ナゴム系とトランス系の双方の要素が混ざっていき生まれた[32]

これに関連する意見としては、トランスギャルはジャパニーズ・ゴシックの原型であるとするものや[24]、現在のゴシック・アンド・ロリータとほとんど変わらないとするもの[52]、ナゴムギャルとトランスギャルをロリータとゴシックのルーツであるとしつつも、ゴシック・アンド・ロリータの原型を作ったのはMALICE MIZERの世界観に影響を受けたファンたちであるとするものがある[53]。MALICE MIZERとの関連については#MALICE MIZERのManaによるゴシックとロリータの融合#ゴスとヴィジュアル系の関係とゴシック・アンド・ロリータでも述べる。なお、バンドブームの衰退とともにトランスギャルの好んだ服装もナゴムギャルの好んだ服装も主流から消えていった[54]

また、ナゴムレコードに所属していた筋肉少女帯の大槻ケンヂは、「「ゴシック&ロリータ」という言葉は、モアティエのMana様が作ったと言われているんです。しかしその存在というか、いわゆるゴシックでロリータな格好の女の子は、僕の記憶では既に80年代にいましたね。」と述べている[29]。また大槻は「目黒鹿鳴館ってライブハウスヘヴィメタがよくライブしてて、ヘヴィメタルってヨーロピアンな流れもあるから、そこで女の子たちがヨーロピアンな服装をするんだけども、まあちょっと感性が違ったりして、今にして思えばゴシック&ロリータな服に偶然なってる場合が多々ありましたかねえ。」と述べている[29]。しかし、当時はゴシック・アンド・ロリータという言葉はなかったため、大槻らはそれらを「鹿鳴館ギャル」と呼んでいた[29]

[4]前ページ
(3.ストリート・ファッションとしてのルーツ)
[6]次ページ
(3.2.VISIBLEとATELIER-PIERROTによるゴシックとロリータの融合)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/02 19:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant