ゴリオ爺さん
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ゴリオ爺さん』(ゴリオじいさん、仏:Le P?re Goriot)は、19世紀フランスの文豪オノレ・ド・バルザックにより、1835年に発表された長編小説で代表作。作品集『人間喜劇』のうち「私生活情景」に収められた。1819年パリを舞台に、子煩悩な年寄りゴリオ、謎のお尋ね者ヴォートラン、うぶな学生ウージェーヌ・ラスティニャックの3人の生き様の絡み合いを追う。
大衆受けする作品で、しばしば映像化や舞台化がなされている。また、サマセット・モームは、『世界の十大小説』の一つに挙げている。なお、この作品の影響で、「ラスティニャック」は、フランス語で’出世のためならどんな手も使う野心家’をさす代名詞となった[1]
目次
1.概要
2.背景
├2.1.歴史的背景
└2.2.文学的背景
3.執筆と出版
4.あらすじ
5.登場人物
6.文体と技法
├6.1.人物再登場
└6.2.レアリスム
7.主題
├7.1.社会成層
├7.2.パリの役割
├7.3.転落
└7.4.家族関係
8.評価と影響
9.日本語訳
10.脚注
11.参考文献
12.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/08/25 12:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/20 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位賭博黙示録カイジ
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant